家電ジャンル【 最大​1,500​円OFF ​​クーポン ​​​​配布中!】楽天市場を今すぐ見てみる>>>

SK-M153とSK-M251の違いを比較!どう変わった?

SK-M153とSK-M251の違いは?シロカおりょうりケトルの新型と旧型を比較

シロカおりょうりケトル新型SK-M153と旧型SK-M251の違いを比較しました。

シロカおりょうりケトル新型SK-M153と旧型SK-M251の違いは1つだけです。

それは、ケトルモードとなべモードの切り替えができるかできないかの違いです。

旧型SK-M251はモード切替ができますが、新型SK-M251はできません。

ですが、新型SK-M251はモード切替ができない分、お値段が安くなっています。

本文では新型SK-M153と旧型SK-M251の違いをさらに詳しく書いているので、読んでみてくださいね♪

シロカおりょうりケトル新型SK-M153の口コミはこちらにまとめています⇩

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153口コミ評判は?レシピや使い方・電気代も調査 シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153口コミ評判は?レシピも調査

▼モード切替機能を無くして、お手頃価格になった新型SK-M153はこちら

siroca シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M153
created by Rinker

▼今後値崩れで安くゲットできる可能性あり!旧型SK-M251はこちら

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153を実質490円/月でレンタルしてみるならこちら

シロカおりょうりケトル新型SK-M153と旧型SK-M251の違いを比較!

シロカおりょうりケトルSK-M153とSK-M251の違いは1つだけです。

それは、ケトルモードとなべモードの切り替えができるかできないかの違いです。

詳しくご紹介しますね♪

ケトルモードとなべモードの切り替えができるかできないかの違い

旧型SK-M251はモード切替ができますが、新型SK-M251はできません。

新型SK-M153

モードの切り替えはありません。

設定した温度に達すると、ブザーが鳴りお知らせしてくれます。

その後自動で60分間保温状態を保ちます。

旧型SK-M251

なべモードケトルモードで使い分けることができます。

なべモードとケトルモードの違いは下記の通りです。

なべモード

調理を行う場合に適したモードです。

設定した温度になると、自動的に設定した温度で保温します。

保温する時間は60分です。

ケトルモード

湯を沸かす場合に適したモードです。

設定した温度になると、保温は行わずに加熱を停止します。

どちらも設定した温度に達すると、ブザーが鳴ってお知らせしてくれます。

要するに、設定した温度になると停止する機能があるかどうかの違いだね!

停止する機能がなくても、保温機能があるからお湯を沸かすのには困らなさそうだよね

▼モード切替機能を無くして、お手頃価格になった新型SK-M153はこちら

siroca シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M153
created by Rinker

▼今後値崩れで安くゲットできる可能性あり!旧型SK-M251はこちら

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153を実質490円/月でレンタルしてみるならこちら

シロカおりょうりケトル新型SK-M153と旧型SK-M251はどっちがおすすめ?

モード切替をなくした分、旧型SK-M251より新型SK-M153は2,000円ほど安く販売されています。

特に必要ではない機能を取り除いて、製造にかかるコストを下げたんだね!

なので、機能はほぼそのままでお値段が安い方が良いという方は、新型SK-M153の方がおすすめですよ♪

ただ、旧型は今後値崩れする必要があるので、実際に販売されているお値段を確かめて購入されることをおすすめします。

▼モード切替機能を無くして、お手頃価格になった新型SK-M153はこちら

siroca シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M153
created by Rinker

▼今後値崩れで安くゲットできる可能性あり!旧型SK-M251はこちら

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153を実質490円/月でレンタルしてみるならこちら

シロカおりょうりケトルは調理が楽で、使い勝手抜群!

シロカおりょうりケトルの特徴をご紹介します♪

温度調整ができる!

料理に合わせて、下記の範囲で温度調節ができます。

  • 40℃
  • 60℃
  • 80℃
  • 100℃

このように温度調節ができ、さらに設定した温度で保温もできるので、寄せ鍋やチーズフォンデュにも便利です♪

夕飯に出せるようなものから、デザートまで幅広い料理に活用できるんだね♪

コンロ や調理器具がなくても調理できるから、片付けも楽だし、便利だね!

シロカ公式HPにはレシピも公開されていますので参考にしてみてくださいね⇩

CHECK>>シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153のレシピの詳細はこちら

調理後はそのまま食卓へ!

見た目がスタイリッシュなので、調理後はそのまま食卓に出すこともできますよ♪

ケトルの底面は、テーブルに直接触れないデザインになっています。

そのため、鍋敷きをせずにそのままテーブルに並べることができるのも嬉しいポイントです♪

ただ、加熱直後は底面は高温になるため、熱に弱いテーブルには直接置かないように注意しましょう。

鍋敷きがいらないのは地味に便利!

お洒落なデザインだから、食卓に並べても違和感ないね♪

保存容器としても使える!

料理が余ったら、フタをして、保存容器としても活用できます。

高さが低いので、そのまま冷蔵庫にも入れることができちゃいますよ♪

作って、そのまま食べて、余ったら保存もできる!これは画期的!

丸洗い可能!

ヒーターとケトルを完全に独立させた作りとなっています。

そのため、ケトル部分は丸洗いが可能です。

普通のケトルは丸洗いできないから手入れが億劫だったけど、これなら毎回お手入れできそう♪

いつでも清潔に保てるのは嬉しいね!

麺類調理に便利な湯切り付き

注ぎ口でには便利な湯切りがついています。

パスタやそうめん、つけ麺などの麺類の調理にとっても便利です。

ケトルで麺を茹でて、湯切りまでできるなんてすごい!

わざわざザルを出さなくてもいいのは、嬉しい♪

洗い物も減るし、ちょっとしたことだけど、この手間がなくなるのは大きいね!

▼モード切替機能を無くして、お手頃価格になった新型SK-M153はこちら

siroca シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M153
created by Rinker

▼今後値崩れで安くゲットできる可能性あり!旧型SK-M251はこちら

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153を実質490円/月でレンタルしてみるならこちら

【知らないと損】Amazonでシロカおりょうりケトルちょいなべを安く買うには?

Amazonではチャージ機能を使うことで、シロカおりょうりケトルちょいなべをよりお得に購入することができますよ♪

ご自身のAmazonアカウントにコンビニで現金チャージをすると、Amazonポイントをもらうことができるんです。

一回のチャージ金額ごとに下記の割合でAmazonポイントをもらうことができます♪

  • プライム会員は最大2.5%
  • 通常会員でも2.0%

Amazonでよくお買い物する方は使わないと損ですよ♪

CHECK>>Amazonチャージを見てみる

シロカおりょうりケトル新型SK-M153と旧型SK-M251の違いを比較まとめ

シロカおりょうりケトル新型SK-M153と旧型SK-M251の違いは、ケトルモードとなべモードの切り替えができるかできないかの違い1つだけです。

旧型SK-M251はモード切替ができますが、新型SK-M153はできません。

ですが、モード切替機能がなくてもお湯を沸かしたり、調理をするのに特に困ることはありません。

新型SK-M153はモード切替がない分、お値段が2,000円ほど安く販売されています。

機能はほぼそのままでお値段が安い方が良いという方は、新型SK-M153の方がおすすめですよ♪

ただ、旧型SK-M153は今後値崩れする必要があるので、実際に販売されているお値段を確かめて購入されることをおすすめします。

シロカおりょうりケトル新型SK-M153の口コミはこちらにまとめています⇩

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153口コミ評判は?レシピや使い方・電気代も調査 シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153口コミ評判は?レシピも調査

▼モード切替機能を無くして、お手頃価格になった新型SK-M153はこちら

siroca シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M153
created by Rinker

▼今後値崩れで安くゲットできる可能性あり!旧型SK-M251はこちら

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153を実質490円/月でレンタルしてみるならこちら


家事の時短に大活躍!ほったらかしで調理ができるティファール電気圧力鍋ラクラクッカーもおすすめです⇩

ティファールラクラクッカーCY352AJPの口コミ評判は?レシピや使い方お手入れも調査 ティファールラクラクッカープラスの口コミ評判は?お手入れやレシピも調査