JPI-S10NKとJPI-S100の違いを比較!どっちがおすすめ?

JPI-S10NKとJPI-S100の違いを比較!どっちがおすすめ?

JPI-S10NKとJPI-S100の違いを比較しました。

JPI-S10NKとJPI-S100の違いは4つあります。

  1. 発売年月日の違い
  2. 販売経路の違い
  3. 本体カラーの違い
  4. 本体価格の違い
JPI-S10NKとJPI-S100の違いを比較!どっちがおすすめ?

これらの違いを踏まえた上でおすすめの方は下記の通りです。

JPI-S10NKがおすすめの方

  • 新しく発売された炊飯器が欲しい方

JPI-S100がおすすめの方

  • ホワイトカラーの炊飯器が欲しい方

JPI-S10NKとJPI-S100大きな違いは、発売年月日、販売経路、カラーバリエーション、価格です。

機能的には大きな差はありませんが、選択肢の広さでJPI-S100が魅力的です。

発売年月日はJPI-S10NKが2023年8月21日に対して、JPI-S100が2022年8月1日になっています。

JPI-S10NKは公式オンラインショップや各ショッピングサイトの公式サイトでの販売に対して、JPI-S100は家電量販店でも販売されています。

本体カラーはJPI-S10NKがブラックの1色飲みに対して、JPI-S100はスレートブラックとミストホワイトの2色展開です。

本文では、その他JPI-S10NKとJPI-S100の違いを詳しく書いているのでぜひ読んでみてくださいね♪

また、JPI-S100とJPI-A100の違いはこちらにまとめていますので、合わせてご覧ください↓

今だけ!楽天ポイント10倍!

2月29日23:59までの期間限定!

▼新しいモデル!JPI-S10NKはこちら

▼ホワイトカラーもあり!JPI-S100はこちら

JPI-S10NKとJPI-S100の違いを比較!

JPI-S10NKとJPI-S100の違いを比較!どっちがおすすめ?

JPI-S10NKとJPI-S100の違いは4つあります。

  1. 発売年月日の違い
  2. 販売経路の違い
  3. 本体カラーの違い
  4. 本体価格の違い

一つずつご紹介しますね♪

発売年月日の違い

JPI-S10NKとJPI-S100では発売年月日が異なります。

JPI-S10NKは2023年8月21日に発売されました。

一方で、JPI-S100は2022年8月1日に発売されました。

JPI-S10NKはJPI-S100の約1年後に発売され、機能的には変わりはありません。

現在はどちらも公式オンラインショップでは販売終了となっています。

▼新しいモデル!JPI-S10NKはこちら

▼ホワイトカラーもあり!JPI-S100はこちら

販売経路の違い

JPI-S10NKとJPI-S100では販売経路が異なります。

JPI-S10NKは公式オンラインショップや各ショッピングサイトの公式サイトの限定商品となっています。

一方で、JPI-S100は家電量販店でも購入が可能です。

現在はどちらも生産終了品ですので、各ショッピングサイトで購入ができます。

よく使っているショッピングサイトやポイント還元などの点で比較されるのがオススメです♪

▼新しいモデル!JPI-S10NKはこちら

▼ホワイトカラーもあり!JPI-S100はこちら

本体カラーの違い

JPI-S10NKとJPI-S100では本体カラーが異なります。

JPI-S10NKはブラックの1色展開です。

一方で、JPI-S100はスレートブラックとミストホワイトの2色展開です。

ホワイトカラーの炊飯器が欲しい方はJPI-S100の方がオススメです♪

▼新しいモデル!JPI-S10NKはこちら

▼ホワイトカラーもあり!JPI-S100はこちら

本体価格の違い

JPI-S10NKとJPI-S100では本体価格が異なります。

JPI-S10NKは各ショッピングサイトの最安値で39,800円(税込)です。

一方で、JPI-S100は最安値で37,980円(税込)となっています。

機能性の差も金額の差もそこまでありませんので、そのときの最安値で決めるのがオススメです♪

▼新しいモデル!JPI-S10NKはこちら

▼ホワイトカラーもあり!JPI-S100はこちら

JPI-S10NKとJPI-S100はどっちがおすすめ?

JPI-S10NKとJPI-S100の違いを比較!どっちがおすすめ?

JPI-S10NKがおすすめの方

  • 新しく発売された炊飯器が欲しい方

▼新しいモデル!JPI-S10NKはこちら

JPI-S100がおすすめの方

  • ホワイトカラーの炊飯器が欲しい方

今だけ!楽天ポイント10倍!

2月29日23:59までの期間限定!

▼ホワイトカラーもあり!JPI-S100はこちら

これまでの違いを表にまとめてみました↓

JPI-S10NKJPI-S100
 
発売年月日の違い2023年8月21日2022年8月1日
販売経路の違い公式オンラインショップや
各ショッピングサイトの公式サイト
家電量販店でも販売
本体カラーの違いブラックスレートブラック
ミストホワイト
本体価格の違い39,800円(税込)37,980円(税込)

JPI-S10NKとJPI-S100の共通する特徴は?

JPI-S10NKとJPI-S100の共通する特徴について紹介します。

どちらも土鍋で炊いたような「ご泡火炊き」の炊飯器になっています。内釜は「遠赤9層土鍋かまどコート釜~ご泡火仕上げ~」が施されています。

内なべの外側には「土鍋蓄積コーティング&かまどコーティング」が採用されています。

土鍋に近い蓄熱性を再現し、お米にしっかり熱を伝え芯までふっくら炊き上げることが可能です。

内なべの内側には「遠赤土鍋コーティング」を採用し、土鍋のような細やかな泡で沸騰させおいしさを引き出します。

内なべは「3年保証」がついているので、長く安心して使用することが可能です。

さらに、「旨味粒立ち炊飯プログラム」を搭載しています。 「旨味粒立ち炊飯プログラム」とは、少し低めの温度で長く吸水したあとに急速に温度を上昇させることで甘みを引き出します。

温度が急激に上がることで、お米の糊化を促進させ弾力のあるふっくらとした炊きあがりになります。

保温をするときには、「粒立ち保温プログラム」が役立ちます。 「粒立ち保温プログラム」とは、保温をしているときでも蒸気センサーを活用しご飯から出る蒸発水量を感知して昇温温度を管理します。

よって、蒸発水量をベストな状態にしてくれるので水分をご飯にとどめておき、お米の輪郭を保ったままふっくらと保湿してくれます。

また、炊飯器の加熱方式は「釜包みIH+可変W圧力炊き」を採用しています。

「釜包みIH」とはIHコイルで釜を包み込み、加熱面積を広げ強火で加熱することでお米本来の甘みを引き出すことができる機能です。

「可変W圧力炊き」とは炊き上げ時に1.25気圧の圧力をかけることでねばりと弾力を引き出します。

炊き上げ直後に1.05気圧まで減圧し、べたつきをおさえたしっかりとしたご飯粒に仕上げてくれる機能です。

少量でもおいしく炊ける「少量旨火炊き」や少量のご飯を早 く炊ける「少量高速」、冷凍ご飯がおいしく炊ける「冷凍ご飯」などさまざまなメニューを搭載しています。

そして、どちらも「抗菌加工しゃもじ」が付属されています。

お手入れも内なべ、内ぶた、スチームキャップの3点を洗うだけなのでとても簡単です。

▼新しいモデル!JPI-S10NKはこちら

▼ホワイトカラーもあり!JPI-S100はこちら

JPI-S10NKとJPI-S100の違いを比較!どっちがおすすめ?まとめ

JPI-S10NKとJPI-S100の違いや共通する特徴について紹介しました。

どちらも「ご泡火炊き」を採用し、土鍋で炊いたような美味しいご飯が食べられる炊飯器です。

JPI-S10NKとJPI-S100に機能性での違いはありません。

本体カラーの好みや購入時の価格で選んでみてくださいね♪

今だけ!楽天ポイント10倍!

2月29日23:59までの期間限定!

▼新しいモデル!JPI-S10NKはこちら

▼ホワイトカラーもあり!JPI-S100はこちら