家電ジャンル【 最大​1,500​円OFF ​​クーポン ​​​​配布中!】楽天市場を今すぐ見てみる>>>

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153口コミ評判は?レシピも調査

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153口コミ評判は?レシピや使い方・電気代も調査

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153の口コミや評判をご紹介します♪

さらに、レシピや使い方・お手入れ方法・電気代についてもまとめています。

レシピに関しては、夕食のおかずになるものからデザートまで33種類の幅広いオリジナルレシピが公開されているので、料理が楽しくなりますよ♪

また、湯切りがついているのでパスタを茹でるのにも便利です!

使い方は水や材料を入れ温度設定をするだけなので、電気鍋の要領でとっても簡単に操作できます。

さらに、調理後はそのまま食卓に出すことができ、余ったら蓋をして冷蔵庫に保存することも可能ですよ。

ケトル本体は丸洗いができお手入れが簡単なところも嬉しいポイントです♪

本文では、その他特徴なども詳しく書いているのでぜひ読んでみてくださいね。

また、シロカおりょうりケトルの今回紹介する新型SK-M153と旧型 SK-M251の違いを比較しておりますので、合わせてご覧ください⇩

SK-M153とSK-M251の違いは?シロカおりょうりケトルの新型と旧型を比較 SK-M153とSK-M251の違いを比較!どう変わった?

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153はこちら

siroca シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M153
created by Rinker

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153をレンタルで試してみるならこちら

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153の口コミや評判は?

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153は5月22日の発売を予定しているため、まだ口コミはありません。

口コミを確認次第追記させていただきます!

新モデルの口コミはありませんが、従来モデルシロカおりょうりケトルちょいなべSK-M251の口コミ・評判をまとめているので、参考にしてみてください♪

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M251の口コミや評判は?


シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M251の悪い口コミや評判

お湯が沸くのが遅い

ケトルとして水を沸かすだけなら時間はかかる。

それ以外は使い勝手は良さそうだ。

引用:Amazon

温度上昇速度は早くなく、1Lの100℃設定で10分くらいかかります。

蓋をしないと、100℃に設定&到達しても、グツグツグツ~と沸騰する感じなく、とてもマイルドな沸き具合で、本当に沸いたの?って感じ。

ちなみに40~50℃設定でも10分もかかりましたので、迅速にぬるま湯が欲しい!って人には全然向きません。

引用:Amazon

サイズ的にはピッタリなんだけど…

今の時期はお湯沸くの遅いって感じです。

引用:Amazon

匂いが気になる

匂いですが、安いケトルを沸かしたようなプラスチック臭がします

洗浄し何回か使用すると気にならなくなりますが。

引用:Amazon

料理メインで使用していると、お湯を沸かすときに匂いが気になるかもしれません。

使用後はすぐ洗わないと、匂いがうつりがちなのでご注意ください。

私は少し気になるので、毎回丁寧に洗っています。そうしたら気にならなくなりました。

引用:Amazon

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M251の良い口コミや評判

1〜2人前にちょうど良いサイズ

ちょうど良いサイズですので、1~2人でのチョイ鍋等に最適です。

引用:Amazon

一人用、一食分の調理に便利。一人鍋がはかどります。

引用:Amazon

一人分を作るのにとても重宝しています。
湯切り、モード切り替えがあって良かったです。
ケトルモードでお湯を沸かす場合に少し時間がかかるように感じますが、問題ないレベルです。

引用:楽天市場

パスタやインスタントラーメン、レトルトの温めに便利

湯切りができることからパスタを茹でるのにとても便利です。
温度調整に加え保温もできるため、チーズフォンデュやスープカレーにも活躍してくれます。

引用:Amazon

商品名通り、ちょっとした利用に最適です!鍋やスープを作るのをメインに使用しています。私は注ぎ口に湯ぎりがあるタイプを購入したので、ラーメンやパスタを作るときにも活用しています。かなり便利で重宝してます。

指定した温度に保つ機能があるのもポイント高いです。

引用:Amazon

意外と早く沸きます。

レトルトを温めるのに使ってますが、鍋でお湯を沸かすより楽です。

引用:Amazon

調理が楽・使い勝手が良い

料理経験が無くてもカット野菜と鍋の素と肉で包丁要らずで鍋が楽しめる。思っていた以上に使い勝手が良く、オンライン飲み会の時に一人鍋をやりながら参加しているけど、結構ウケがいい。

引用:Amazon

だいたいこれ一つで手軽な鍋料理ができます

引用:Amazon

毎日フル稼働です。自分の部屋で鍋焼きうどん、チゲ小鍋、コンビニの大きな茶碗蒸しを温めた理、便利です。

引用:Amazon

洗い物が少なくて楽

調理器具と食器を兼ねているので洗い物が少なくて楽です。

引用:Amazon

使用後は、鍋部分をそのまま食洗器へ。とても使いやすいです。

引用:Amazon

手軽に使えて、洗いやすいし、本当に重宝しています。購入してよかったと思います!

引用:Amazon

デメリットとして、お湯が沸くのが遅いという声がありました。

調理もできるケトルということなので、やはりお湯を沸かすことに特化したケトルよりはお湯が沸くスピードは遅いようです。

湯沸かしメインでの使用で、お湯を早く沸かしたい!という方は購入は考えた方が良いかもしれませんね。

一方で、気にならないという意見もありますので、お湯が沸くスピードが少し遅くても、調理もできるケトルが欲しいという方は問題ないと思います。

また、使い始めや調理メインで使用すると、匂いが気になるという声もありました。

しばらく使用すると気にならなくなるようですが、調理後はなるべく早く洗うようにすると良でしょう。

メリットはたくさんありそう⭐︎

1〜2人前にちょうど良いサイズなんだね!お昼の家族がいない時とか、重宝しそうだな〜♪

その他にも、湯切りがついているので、パスタなど麺類を茹でたり、レトルトを温めたり、使い勝手が良いという声も多かったですよ。

ケトルは丸洗いできて、洗い物が少なくなるのも嬉しいですね♪

新モデルと従来モデルの違いは、ケトルモードとなべモードの切り替えがなくなったところだけです。

このモード切り替えを無くした分、お値段は安くなっています。

ほぼ機能は変わらず、お手頃価格で買えるようになったので、もっと良い口コミが期待できそうですね♪

特に必要ではない機能を取り除いて、製造にかかるコストを下げたんだね!
お手頃価格で買えるようになったから、さらに人気がでそうだね♪

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153はこちら

siroca シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M153
created by Rinker

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153をレンタルで試してみるならこちら

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153のレシピ

シロカの公式HPには下記33種類のレシピが掲載されています。

  1. クリームシチュー
  2. ほうじ茶オレ(甘酒入り)
  3. ミントティー
  4. ミルクティー
  5. サマーフルーツティー
  6. 温泉卵
  7. カスタードプリン
  8. りんごのコンポート
  9. 熱燗
  10. チョコレートフォンデュ
  11. オレンジセパレートティー
  12. 鳥雑炊
  13. ミネストローネ
  14. 長いもすり流しの味噌汁
  15. 鯖のカレー風味スープ
  16. 夏野菜スープ
  17. キムチ鍋
  18. クレソン鍋
  19. トマトスープパスタ
  20. レモンうどん
  21. 茶碗蒸し
  22. 手羽先の酒かす鍋
  23. アクアパッツァ
  24. かぼちゃのリゾット風
  25. 親子丼
  26. お雑煮(関東風)
  27. 寄せ鍋
  28. カマンベールチーズトマト鍋
  29. トムヤンクン(甘酒入り)
  30. ジンジャーレモネード
  31. トマトスープパスタ
  32. チーズフォンデュ
  33. ホットワイン

料理に合わせて、下記の範囲で温度調節ができます。

  • 40℃
  • 60℃
  • 80℃
  • 100℃

このように温度調節ができ、さらに設定した温度で保温もできるので、寄せ鍋やチーズフォンデュにも便利です♪

夕飯に出せるようなものから、デザートまで幅広い料理に活用できるんだね♪

コンロ や調理器具がなくても調理できるから、片付けも楽だし、便利だね!

作り方などレシピの詳しい内容は、シロカ公式HPを参考にしてみてくださいね⇩

CHECK>>シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153のレシピの詳細はこちら

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153はこちら

siroca シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M153
created by Rinker

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153をレンタルで試してみるならこちら

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153の使い方

使い方は基本的には、ケトルに水または材料を入れて温度設定をするだけのシンプル操作です。

では、順番にご紹介します。

使い方

ケトルに水または材料を入れ、本体に載せる

お湯を早く沸かしたい場合は、フタをします。

材料を入れて調理する場合は、フタは閉めないでください。

吹きこぼれ、けが、やけど、故障の原因になります。

本体にプラグを取り付け、コンセントに差込む
なべモードまたはケトルモードを選び、温度調節レバーを動かして温度を設定する

温度は40℃〜100℃の間で設定できます。

設定した温度になるとブザーがなります。

自動的に保温状態になり、60分間設定した温度に保ち続けます。

使い終わったら温度調節レバーを「OFF」にする
電源プラグを抜く

使い方は電気鍋と同じ感じだね!とっても簡単♪

調理後はそのまま食卓へ!

見た目がスタイリッシュなので、調理後はそのまま食卓に出すこともできますよ♪

また、保温ができるので、チーズフォンデュや寄せ鍋もケトルのまま食卓で楽しめます。

ケトルの底面は、テーブルに直接触れないデザインになっています。

そのため、鍋敷きをせずにそのままテーブルに並べることができるのも嬉しいポイントです♪

ただ、加熱直後は底面は高温になるため、熱に弱いテーブルには直接置かないように注意しましょう。

鍋敷きがいらないのは地味に便利!

お洒落なデザインだから、食卓に並べても違和感ないね♪

保存容器としても使える!

料理が余ったら、フタをして、保存容器としても活用できます。

高さが低いので、そのまま冷蔵庫にも入れることができちゃいますよ♪

作って、そのまま食べて、余ったら保存もできる!これは画期的!

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153はこちら

siroca シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M153
created by Rinker

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153をレンタルで試してみるならこちら

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153の電気代

電気代についてはシロカ公式HPには下記のように記載があります。

具材の量によって変わりますが、目安として、30分調理したときの電気代は約15円です。

引用:シロカ お客様サポート

この通りに毎日30分調理で使うと仮定すると、1ヶ月(30日)あたり約450円という計算になります。

月約450円で食事の準備が楽になるって考えると、安いよね〜♪

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153のお手入れ

ヒーターとケトルを完全に独立させた作りとなっています。

そのため、ケトル部分は丸洗いが可能です。

普通のケトルは丸洗いできないから手入れが億劫だったけど、これなら毎回お手入れできそう♪

いつでも清潔に保てるのは嬉しいね!

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153はこちら

siroca シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M153
created by Rinker

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153をレンタルで試してみるならこちら

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153の特徴

麺類調理に便利な湯切り付き

注ぎ口でには便利な湯切りがついています。

パスタやそうめん、つけ麺などの麺類の調理にとっても便利です。

ケトルで麺を茹でて、湯切りまでできるなんてすごい!

わざわざザルを出さなくてもいいのは、嬉しい♪

洗い物も減るし、ちょっとしたことだけど、この手間がなくなるのは大きいね!

1〜2人前の調理に便利

鍋の容量は1リットルです。

1〜2人分の調理をするときに便利です。

鍋の内側には下記のメモリもついています。

  • 400ml
  • 600ml
  • 800ml
  • 1000ml

メモリが付いてるのは助かるね!計量の手間が省ける♪

レトルトの温めにも便利

鍋のように保温ができるケトルだからこそ、レトルトの温めにも便利です。

昼食とか自分しか食べない時は、レトルトで済ませちゃう時よくあるんだよね〜

鍋出して温めるのすら面倒だったから、これはめちゃめちゃ良い!

高火力でお湯が湧くのが早い

1200Wの高火力なので、本来のケトルとしての役割も十分果たしてくれます。

約7〜8分で1リットルのお湯を沸かすことができますよ。

「あっという間にすぐに沸く」で有名なティファールでも1250Wなので、お湯を沸かすには十分な火力ですね♪

お湯もしっかり沸かせるなら、これがあれば普通のケトルはいらないね♪

安心安全にもこだわった作り

電源コードはマグネット式なので、万が一引っかかってもすぐに外れるので、安全です。

調理中にコードに引っかかると火傷とか心配だけど、これなら安心だね。

また、ケトルがしっかりセットされていない時は、発熱しないようになっています。

より安全を意識した作りになっているね!

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153はこちら

siroca シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M153
created by Rinker

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153をレンタルで試してみるならこちら

【知らないと損】AmazonでシロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153を安く買うには?

Amazonではチャージ機能を使うことで、シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153をよりお得に購入することができますよ♪

ご自身のAmazonアカウントにコンビニで現金チャージをすると、Amazonポイントをもらうことができるんです。

一回のチャージ金額ごとに下記の割合でAmazonポイントをもらうことができます♪

  • プライム会員は最大2.5%
  • 通常会員でも2.0%

Amazonでよくお買い物する方は使わないと損ですよ♪

CHECK>>Amazonチャージを見てみる

シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153の口コミや評判、レシピや使い方・電気代まとめ

今回はシロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153をご紹介しました。

レシピは、メイン料理からデザートまで33種類のオリジナルレシピが公開されているので、レパートリーに困ることもないですね。

湯切りがついてるので、パスタなどの麺類を茹でるのにも重宝します♪

使い方も、水や材料を入れて温度設定をするだけなので、電気鍋の要領で簡単に使うことができますよ。

電気代は、月約450円です。これで、食事の準備が楽になるって考えると、安いですよね♪

また、そのまま食卓にも出すことができ、保存容器としても使えるので、洗い物も減らすことができます。

ケトル自体は丸洗いできるのも嬉しいポイントですね♪

また、シロカおりょうりケトルの今回紹介した新型SK-M153と旧型 SK-M251の違いを比較しておりますので、合わせてご覧ください⇩

SK-M153とSK-M251の違いは?シロカおりょうりケトルの新型と旧型を比較 SK-M153とSK-M251の違いを比較!どう変わった?

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153はこちら

siroca シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M153
created by Rinker

▼シロカおりょうりケトルちょいなべSK-M153をレンタルで試してみるならこちら


家事の時短に大活躍!ほったらかしで調理ができるティファール電気圧力鍋ラクラクッカーもおすすめです⇩

ティファールラクラクッカーCY352AJPの口コミ評判は?レシピや使い方お手入れも調査 ティファールラクラクッカープラスの口コミ評判は?お手入れやレシピも調査