リファエピダブルとクールを実際に使ってみて違いを比較!どっちがおすすめ?

リファエピダブルとリファエピクールの違いを比較しました。

ピコモモ夫婦
ピコモモ夫婦

私たち夫婦が実際に両方を使ってみた上で違いを比較しています!

実際の使いやすさや効率性などを踏まえてまとめていますので参考にしてみてください♪

リファエピダブルとリファエピクールの違いは10個あります。

  • パワーの違い
  • 照射面積の違い
  • 冷却機能があるかないかの違い
  • 自動調節機能があるかないかの違い
  • 照射スピードの違い
  • モード選択の違い
  • 重さと形状の違い
  • 照射面の違い
  • 美肌ケアができるかどうかの違い
  • 価格の違い

これらの違いを踏まえた上でおすすめの方は下記の通りです。

リファエピダブルがおすすめの方

  • 高出力で効率的なムダ毛ケアを求める方
  • 広い照射面で短時間に広範囲をケアしたい方
  • 自分で照射レベルを細かく調整したい方
  • L型デザインで使いやすさを重視する方
  • IPLテクノロジーによる美肌効果も期待する方
  • 多機能で高性能な光美容器を求める方

リファエピクールがおすすめの方

  • 冷却機能で快適なムダ毛ケアを求める方
  • 美肌ケアも同時に行いたい方
  • 照射レベルを自動で調整してほしい方
  • カーブの多い部分もムラなくケアしたい方
  • 初めて光美容器を使用する初心者の方
  • コストパフォーマンスを重視する方

リファエピダブルとリファエピクールの大きな違いは、パワーと冷却機能の有無です。

リファエピダブルは最大30Jの高出力で、広い照射面(6.3㎠)と5段階の手動調節が特徴です。

軽量で使いやすいL型デザインですが、冷却機能はありません。価格は88,000円(税込)です。

一方、リファエピクールは冷却機能付きで、美肌ケア用アタッチメントもあります。

自動調節機能と3つのモード(ソフト・ミドル・ハイ)があり、使いやすさ抜群です。

照射面は4.51㎠で、価格は68,200円(税込)です。

本文ではさらに詳しく解説していますのでぜひ読んでみてくださいね。

リファエピダブルを実際に使ってみたレビュー記事はこちらにまとめています↓

リファエピクールを実際に使ってみたレビュー記事はこちらにまとめています↓

※こちらの記事はメーカー様より商品を提供いただき作成したPR記事です。

リファエピダブルとクールの違いを比較!

リファエピダブルとリファエピクールの違いは10個あります。

  • パワーの違い
  • 照射面積の違い
  • 冷却機能があるかないかの違い
  • 自動調節機能があるかないかの違い
  • 照射スピードの違い
  • モード選択の違い
  • 重さと形状の違い
  • 照射面の違い
  • 美肌ケアができるかどうかの違い
  • 価格の違い
ピコモモ夫婦
ピコモモ夫婦

一つずつ詳しく解説していきますね♪

パワーの違い

リファエピダブルとリファエピクールの違いを語るうえで、注目すべきはそのパワーです。

リファエピダブルは最大30Jの高出力を誇り、ダブルランプとダブルコンデンサーを搭載しているため、非常に強力な光照射が可能です。

リファエピダブルのダブルランプ

このハイスペックな機能により、ムダ毛ケアの効果を短期間で実感しやすく、特に高い効果を求める方には最適です。

リファエピクールも十分なパフォーマンスを発揮しますが、リファエピダブルのパワフルさには一歩及びません。

モモ
モモ

高出力と優れた技術によって、リファエピダブルは効率的で確実なケアを提供します!

もし、ムダ毛ケアにおいて効果の速さや強力さを重視するなら、リファエピダブルが断然おすすめです。

そのパワーの違いが、ケアの満足度に大きく影響することでしょう。

照射面積の違い

リファエピダブルとリファエピクールの違いを理解する上で重要なポイントの一つが、照射面積の違いです。

リファエピダブルの照射面積は約18mm×35mm、つまり6.3平方センチメートルです。

一方、リファエピクールの照射面積は約11mm×41mmで、4.51平方センチメートルとなっています。

この数値だけを見ても、リファエピダブルの方が広範囲を一度にケアできることが分かりますね。

この広い照射面積のおかげで、リファエピダブルは効率的にケアを進めることが可能です。

ピコ
ピコ

たとえば、脚や腕などの広い部分を短時間でカバーできるので、忙しい方でもスピーディーに全身のケアを終えることができますよ。

広範囲を一度に処理できるため、何度も同じ場所に照射する手間が省け、ムダ毛ケアの時間を大幅に短縮できます。

リファエピダブルの照射面積の広さは、特に全身ケアを目指す方には大きな魅力です。

モモ
モモ

広い範囲を一度にケアできるため、例えば週末にまとめて全身ケアを行う際にも、短時間で効果的に処理できます♪

さらに、広い照射面積は均一な照射を実現し、ムラなく美しい仕上がりを期待できます。

一方、リファエピクールの照射面積はやや狭めですが、これにはこれで利点があります。

狭い照射面積は、細かい部分やデリケートな部分のケアに向いています。

例えば、指や顔の細かい部分、またはデリケートゾーンのケアを丁寧に行いたい場合、リファエピクールの方が使いやすいでしょう。

とはいえ、リファエピダブルにポイントケア用アタッチメントを取り付けるとピンポイントのケアも可能になります。

リファエピダブルポイントケア用アタッチメント

そのため、広範囲のケアや全身ケアを効率よく行いたいのであれば、リファエピダブルが断然おすすめです。

モモ
モモ

その広い照射面積によって、時短と高効率を実現し、美しい肌を保つためのケアを楽しく続けられると思いますよ♪

どちらを選ぶにしても、あなたのケアのスタイルやニーズに合わせて最適なモデルを選んでくださいね。

冷却機能があるかないかの違い

リファエピダブルとリファエピクールの大きな違いの一つは、冷却機能の有無です。

リファエピクールは冷却機能を備えており、これが大きな特徴です。

一方、リファエピダブルには冷却機能がありません。

リファエピクールを使用すると、冷却機能がしっかりと働き、保冷剤を使わずに冷たさを保ちます。

このため、光美容器の使用中に感じる熱感や痛みを大幅に軽減し、特に太ももなど広範囲でのケアでも冷たさが持続します。

ピコ
ピコ

実際に使ってみたところ、HIGHモードでも冷却力が衰えないので、痛みに弱い方でも安心して使える点が魅力です。

一方、リファエピダブルには冷却機能がないため、冷却による痛み軽減効果は期待できませんが、レベル1では痛みを感じにくく設計されています。

モモ
モモ

実際に使ってみたところ、レベル1ではほとんど痛みはなく、最大レベル5でも「少し熱いくらい」で、保冷剤を使えば痛みもほとんど感じません。

ポイントケア用アタッチメントを使うと自動で低刺激モードに切り替わり、さらに痛みを感じにくくなります。

つまり、冷却機能の有無による使い心地の違いは明確です。

リファエピクールは冷却機能で痛みを大幅に軽減し、長時間のケアでも快適さを保ちます。

対して、リファエピダブルは冷却機能がないものの、優れた設計で痛みを最小限に抑えています。

自分のニーズに合わせて、冷却機能の有無を考慮してモデルを選ぶことが重要です。

どちらも優れた光美容器ですが、冷却機能の違いがケアの快適さに大きく影響しますので、しっかりと選んでくださいね。

自動調節機能があるかないかの違い

リファエピダブルとリファエピクールの違いの一つは、自動調節機能の有無です。

リファエピクールは自動でレベルを調節してくれる機能があり、肌色感知ランプが付いているので、初心者にも優しく使いやすいです。

これまで照射レベルの設定が難しく感じることもありましたが、リファエピクールならそんな心配は無用で、考える手間が省け、簡単に操作できます。

モモ
モモ

忙しい日常でも、スキンケアに時間をかけずに効果的なケアを実現できるのは非常にありがたいです。

初めて光美容器を使う方や毎回の設定が面倒な方には、リファエピクールの自動調節機能が大いに役立ちます。

この機能により、常に最適なレベルでケアでき、肌に優しい使用感が得られます。

一方、リファエピダブルには自動調節機能がなく、5段階のレベルを自分で調節する必要があります。

しかし、これもメリットがあり、自分の肌の状態や好みに合わせて細かく設定を変えたい方にはぴったりです。

ピコ
ピコ

自分でレベルを選びたい方にとっては、手動調節は自由度が高く、好みの強度でケアができますよ。

リファエピダブルもリファエピクールも、レベル段階は5段階です。

リファエピクールは自動で最適なレベルを選んでくれるのに対し、リファエピダブルはユーザーが自分で選ぶ必要があります。

自動で手軽にケアを進めたい方にはリファエピクールが最適で、細かくコントロールしたい方にはリファエピダブルが向いています。

自動調節機能の有無は、使い勝手やケアの快適さに大きく影響します。

それぞれの特徴を理解して、自分に合った光美容器を選んでくださいね。

どちらを選んでも、リファの技術力が詰まった優れた美容器具であることには変わりありません。

照射スピードの違い

リファエピダブルとリファエピクールの照射スピードの違いは、忙しい方にとって重要なポイントです。

リファエピダブルのAUTOモードは非常に速く、レベル1で使用すると肌をなでるように当てるだけでOKです。

この速さのおかげで、短時間で効率的に全身ケアができ、忙しい日々でも無理なく続けられます。

モモ
モモ

全身ケアを素早く終えたい方にとって、リファエピダブルは理想的です。

一方、リファエピクールの照射速度はそれほど速くありません。

特に広範囲をケアする際には、少し時間がかかることがあります。

全身ケアを一度に短時間で行いたい方には不便に感じるかもしれません。

ピコ
ピコ

冷却機能が充実している分、リファエピクールはゆっくりとしたペースでのケアが求められます。

実際の照射スピードは下記の動画を見てみてください↓

リファエピダブルレベル1のAUTOモードはこちら↓

リファエピクールSOFTモードでの照射スピードはこちら↓

結論として、速い照射スピードで効率的にケアしたいならリファエピダブル、冷却機能による快適さを重視するならリファエピクールが、それぞれおすすめです。

モード選択の違い

リファエピダブルとリファエピクールの違いで注目すべきは、モード選択の違いです。

リファエピクールは「ソフト・ミドル・ハイ」の3つのモードから選び、レベルは自動調節されます。

モモ
モモ

これにより初心者でも簡単に使え、忙しい方にも便利です。

一方、リファエピダブルには特定のモードはなく、5段階のレベルを自分で調節します。

ピコ
ピコ

自分の肌状態や好みに合わせて細かく設定できるので、美容ケアに慣れている方や細かい調整をしたい方にぴったりです。

どちらも5段階のレベル調節が可能ですが、リファエピクールは自動で最適なレベルを選んでくれるのに対し、リファエピダブルはユーザーが自分で選ぶ必要があります。

使いやすさを重視するならリファエピクール、自由に調節したいならリファエピダブルがおすすめです。

モード選択の違いが使用感に大きく影響するため、自分に合ったモデルを選んでください。

重さと形状の違い

リファエピダブルとリファエピクールの重さと形状の違いは重要なポイントです。

リファエピダブルはL型デザインで使いやすく、手にフィットしやすいのが魅力です。

長時間使用しても手が疲れにくく、脇や太ももの裏など手が届きにくい部分も簡単にケアできます。

本体の質量は約220gと軽いですが、ACアダプターを含めると約980gとなり、持ち運びには少し不便です。

一方、リファエピクールは本体のみで約390g、ACアダプターを含めても約740gと、持ち運びに適しています。

どちらかというとリファエピクールの方が軽量なため、外出先や旅行でも便利に使えます。

モモ
モモ

結論として、自宅での使いやすさを重視するならリファエピダブルが適していますが、持ち運びのしやすさを重視するならリファエピクールがおすすめです。

それぞれの特徴を考慮して、自分のライフスタイルに合ったモデルを選びましょう。

照射面の違い

リファエピダブルとリファエピクールの照射面の違いは、使用感とケアの効率に大きく影響します。

リファエピクールのフラットな照射面は、肌にぴったりと密着し、均一に光が届きます。

ひざやひじのようなカーブが多い部分でもムラなくケアでき、照射漏れの心配が少ないのが特徴です。

ピコ
ピコ

このため、効率的なケアが可能で、特に難しい部位でも安心して使用できます。

一方、リファエピダブルは広い照射面を持ち、一度に広範囲をカバーできます。

モモ
モモ

これにより、短時間で効率的に全身ケアを行うことができ、時間を節約できます。

まとめると、リファエピクールはフラットな照射面で肌にフィットしやすく、ムラなくケアが可能です。

リファエピダブルは広い照射面で短時間に広範囲のケアを効率的に行えます。

どちらを選ぶかは、あなたのケアスタイルに合ったモデルを選んでください。

美肌ケアができるかどうかの違い

リファエピダブルとリファエピクールの違いには、美肌ケアができるかどうかがあります。

リファエピクールは「アイストーニングシステム」により、照射面が約10℃に冷却され、熱ダメージや痛みを軽減しながら肌の引き締め効果も期待できます。

さらに、美肌ケア用アタッチメントも付属しており、より美しい肌を目指せます。

リファエピクール美肌ケア用アタッチメント

一方、リファエピダブルはIPLテクノロジーを採用しており、ムダ毛ケアと同時に美肌効果も期待できますが、美肌ケアに特化しているわけではありません。

美肌ケア用の専用アタッチメントは付属していません。

まとめると、リファエピクールはムダ毛ケアと美肌ケアが同時にできる一方、リファエピダブルは主にムダ毛ケアに特化しながらも美肌効果が期待できる仕様です。

モモ
モモ

美肌ケアも重視するならリファエピクール、ムダ毛ケアに集中したいならリファエピダブルがおすすめです。

どちらを選ぶかは、あなたのケアの目標に合わせて決めてくださいね。

価格の違い

リファエピダブルとリファエピクールの価格の違いは重要なポイントです。

リファエピダブルは88,000円(税込)、リファエピクールは68,200円(税込)です。

この価格差にはそれぞれの機能や特徴が反映されています。

リファエピダブルは高価格ですが、L型デザインで使いやすく、広い照射面で効率的に広範囲をケアできます。

5段階のレベル調節が可能で、IPLテクノロジーによる美肌効果も期待できます。

多機能で高性能なため、価格が高めになっています。

一方、リファエピクールはリーズナブルな価格で、「アイストーニングシステム」による冷却機能と自動調節機能が特徴です。

3つのモードから選び、レベルを自動で調節するため初心者でも使いやすく、美肌ケア用アタッチメントも付属しています。

ムダ毛ケアと美肌ケアを同時に行える点で、コストパフォーマンスに優れています。

ピコ
ピコ

まとめると、リファエピダブルは多機能で高性能を求める方におすすめで、リファエピクールは使いやすさと美肌ケアを重視する方に最適です。

予算や求める機能に合わせて選んでください。

リファエピダブルとクールはどっちがおすすめ?

リファエピダブルがおすすめの方

  • 高出力で効率的なムダ毛ケアを求める方
  • 広い照射面で短時間に広範囲をケアしたい方
  • 自分で照射レベルを細かく調整したい方
  • L型デザインで使いやすさを重視する方
  • IPLテクノロジーによる美肌効果も期待する方
  • 多機能で高性能な光美容器を求める方

リファエピクールがおすすめの方

  • 冷却機能で快適なムダ毛ケアを求める方
  • 美肌ケアも同時に行いたい方
  • 照射レベルを自動で調整してほしい方
  • カーブの多い部分もムラなくケアしたい方
  • 初めて光美容器を使用する初心者の方
  • コストパフォーマンスを重視する方

以下は、リファエピダブルとリファエピクールの違いを項目別にまとめた表です。

項目リファエピダブル (ReFa EPI W)リファエピクール (ReFa EPI COOL)
パワーの違い最大30Jの高出力、
ダブルランプとダブルコンデンサー搭載
パワーの記載なし、
冷却機能による効果
照射面積の違い約18mm×35mm、
6.3㎠
約11mm×41mm、
4.51㎠
冷却機能があるかないかの違い冷却機能なし「アイストーニングシステム」搭載、
約10℃に冷却
モード選択の違いモード選択なし、
5段階のレベル調節
「ソフト・ミドル・ハイ」3つのモード、
自動調節機能搭載
照射スピードの違いAUTOモードで高速照射可能照射速度が遅め、
広範囲のケアには時間がかかることがある
重さと形状の違い本体約220g、
ACアダプター含むと約980g、
L型デザイン
本体約390g、
ACアダプター含むと約740g、
棒状のデザイン
照射面の違い広い照射面で広範囲を効率的にケアフラットな照射面で肌に密着しやすくムラなくケア可能
美肌ケアができるかの違いIPLテクノロジーで美肌効果も期待できるが特化していない冷却機能と美肌ケア用アタッチメントで美肌ケアも可能
価格の違い88,000円(税込)68,200円(税込)

この表を参考に、リファエピダブルとリファエピクールの違いを比較して、あなたのニーズに合ったモデルを選んでくださいね。

リファエピダブルとクールの共通する特徴は?

まず、どちらのモデルもリファ独自のIPL(Intense Pulsed Light)技術を採用しており、ムダ毛ケアを効率的に行うことができます。

この技術は、肌に優しく、痛みを感じにくいという特長があり、痛みに弱い方でも安心して使用できます。

また、定期的に使用することで、ムダ毛が目立たなくなる効果が期待できるのも嬉しいポイントです。

次に、リファエピダブルとリファエピクールはともに5段階の照射レベルを持ち、ユーザーの肌の状態や部位に合わせて適切な強度を選ぶことができます。

これにより、顔やデリケートゾーンなど、肌の状況に合わせてケアを進められます。

さらに、どちらのモデルも広範囲を一度にケアできる設計になっており、時間をかけずに効率よく全身をケアすることができます。

リファエピダブルは広い照射面で一度に多くのムダ毛を処理でき、リファエピクールもフラットな照射面で均一に光が届くため、ムラのない仕上がりが期待できます。

また、リファエピダブルとリファエピクールは、どちらもユーザーフレンドリーなデザインが特徴です。

軽量で持ちやすく、長時間使用しても手が疲れにくい設計がされています。

ピコ
ピコ

これにより、自宅でのセルフケアがより快適になります。

最後に、どちらのモデルも公式サイトや信頼できる販売店から購入することで、安心の保証サービスが受けられます。

モモ
モモ

万が一の故障やトラブルがあっても、しっかりとサポートしてくれるので、安心して使用できますよ。

リファエピダブルとリファエピクールは、それぞれの特長を持ちながらも、基本的な機能や使いやすさにおいて共通する部分が多いです。

どちらを選んでも、ムダ毛ケアにおいて満足のいく結果が得られることでしょう。

自分のニーズやライフスタイルに合わせて、最適なモデルを選んでみてください。

リファエピダブルとクールの違いを比較!どっちがおすすめ?まとめ

リファエピダブルとリファエピクール、それぞれの特長と違いを見てきましたが、どちらがあなたにとって最適な選択肢なのか、改めて整理してみましょう。

まず、リファエピダブルは、最大30Jの高出力で広範囲を一度にケアできる点が魅力です。

L型デザインで使いやすく、5段階のレベル調節が可能なため、自分の肌状態や好みに合わせて細かく設定できるのが特徴です。

IPLテクノロジーにより、美肌効果も期待できるため、多機能で高性能な光美容器を求める方にはぴったりです。

ただし、冷却機能がないため、敏感肌の方や痛みが気になる方は、保冷剤を併用する必要があります。

また、ACアダプターが重いため、持ち運びには少し不便かもしれません。

一方、リファエピクールは、冷却機能「アイストーニングシステム」を搭載し、肌を冷却しながらケアできる点が大きな魅力です。

照射面がフラットで肌にフィットしやすく、ムラなく均一にケアが可能です。

3つのモード(ソフト・ミドル・ハイ)から選び、レベルを自動で調節してくれるため、初心者や忙しい方にも使いやすい設計です。

美肌ケア用アタッチメントも付属しており、ムダ毛ケアと美肌ケアを同時に行いたい方に最適です。

リファエピダブルよりも軽量でコンパクトなため、持ち運びやすさも優れています。

価格面では、リファエピダブルが88,000円(税込)、リファエピクールが68,200円(税込)と、リファエピクールの方がリーズナブルです。

コストパフォーマンスを重視する方や、冷却機能と美肌ケアを求める方には、リファエピクールがおすすめです。

結論として、リファエピダブルは多機能で高出力を求める方、特に自宅でのしっかりとしたムダ毛ケアを重視する方に向いています。

一方、リファエピクールは冷却機能と美肌ケアを重視し、使いやすさや持ち運びやすさを求める方に最適です。

ピコモモ夫婦
ピコモモ夫婦

それぞれの特長を理解し、自分のライフスタイルやケアのニーズに合ったモデルを選んでくださいね!

どちらのモデルも、あなたのムダ毛ケアと美肌ケアをサポートしてくれることでしょう。