美容家電【最大50%ポイントバック】!今すぐ楽天市場を見てみる>>>

HV-P75とHV-L75の違いを比較!旧型でも十分?

シャープ加湿器HV-P75とHV-L75の違いを比較しました。

シャープ加湿器HV-P75とHV-L75の違いを比較しました。

HV-L75はHV-P75の型落ち品となります。

  • HV-P75 2021年製
  • HV-L75 2020年製

シャープ加湿器HV-P75とHV-L75の違いは1つだけです。

  1. 操作パネルが抗菌加工かどうかの違い

シャープ加湿器HV-P75とHV-L75は、小型でパワフル、しかもお手入れも給水も簡単な家庭用加湿器です。

新型のHV-P75と旧型のHV-L75の違いは1つだけ!

よく触る操作パネルが抗菌になったことです。

みんなの手が触れるパネルが抗菌になったことで、より安心して使用できるようになりました。

本文では、その他シャープ加湿器HV-P75とHV-L75の違いを詳しく書いているのでぜひ読んでみてくださいね♪

▼操作パネルに抗菌加工が加わってより清潔に!シャープ加湿器HV-P75はこちら

シャープ HV-P75  プラズマクラスター加湿器

▼性能は変わらない!少しでも安く買いたい方におすすめ!シャープ加湿器HV-L75はこちら

シャープ加湿器HV-P75とHV-L75の違いを比較!

シャープ加湿器HV-P75とHV-L75の違いは1つです。

  1. 操作パネルが抗菌加工かどうかの違い

操作パネルが抗菌加工

新型のHV-P75は、操作パネルが抗菌仕様になっています。

運転開始したり停止したり、各種設定をしたり。何かとよく触る操作パネル。

抗菌になったことで、誰でも安心して清潔に操作してもらえるようになりました。

手洗い・加湿に加えてパネルも抗菌。

プラズマクラスター搭載でウイルス除去も可能なので、ウイルス対策はこれでバッチリですね!

▼操作パネルに抗菌加工が加わってより清潔に!シャープ加湿器HV-P75はこちら

シャープ HV-P75  プラズマクラスター加湿器

▼性能は変わらない!少しでも安く買いたい方におすすめ!シャープ加湿器HV-L75はこちら

シャープ加湿器HV-P75とHV-L75どっちがおすすめ?

HV-P75がおすすめの方

  •  操作パネルが抗菌仕様だと嬉しい
  •  買うなら新型が良い
  •  使いやすくハイパワーな加湿器を探している

▼操作パネルに抗菌加工が加わってより清潔に!シャープ加湿器HV-P75はこちら

シャープ HV-P75  プラズマクラスター加湿器

HV-L75がおすすめの方

  •  しっかり加湿してくれれば、それで良い
  •  抗菌パネルは必須ではない
  •  性能が同じなら安い方が嬉しい

▼性能は変わらない!少しでも安く買いたい方におすすめ!シャープ加湿器HV-L75はこちら

これまでの違いを表にまとめてみました↓

HV-P75HV-L75
 
操作パネルが抗菌×

なお、値段に関しては旧型HV-L75の方が3千円ほど安いです。

ただ値段は変動する可能性もありますので、現時点でどちらが安いかはチェックしてみてくださいね♪

\最安値をチェックしてみる/

▼操作パネルに抗菌加工が加わってより清潔に!シャープ加湿器HV-P75はこちら

シャープ HV-P75  プラズマクラスター加湿器

▼性能は変わらない!少しでも安く買いたい方におすすめ!シャープ加湿器HV-L75はこちら

シャープ加湿器HV-P75とHV-L75の共通する特徴

シャープ加湿器HV-P75とHV-L75の共通する特徴は主に4つです。

コンパクトなのにハイパワー

どのくらいのコンパクトさかというと、幅は約27cmでこれはなんとA4の紙と同じくらいのサイズ!

たったこれだけの大きさで、洋室なら21畳分、和室なら12畳分を加湿できます。

小さいのにパワフルですね。

お手入れ簡単・清潔

長く使うなら、お手入れのしやすさはとても大切ですね。

この加湿器は給水タンクだけでなく給水口や吹出口、給水カバーなどが取り外し可能で、しかも取り外したものはマルッと水洗いできます。

取り外したら、本体内部にタオルを通して中を拭くことも可能。

いつでも清潔に使えるのは嬉しいポイントです。

エコモードで節約

搭載されているエコモードを使用すれば、電気代を大幅に抑えることができます。

「強」設定で一日8時間✕30日使用した場合の電気代は約2000円。

これを「エコモード」にするだけで電気代は約200円!!

電気代を約90パーセントも削減できるのです。

驚きですね!

電気代の心配をせず、たくさん加湿できそうです。

給水もラクラク

給水方法は2種類から選べます。

  • 水を持って行って本体の上から水を注ぐ方法
  • タンクを取り外して、タンクに水を入れる方法

タンクの中には水が約4リットル入るのですが、お年寄りや身体の弱い人にはちょっと重たいですよね。

タンクに水を入れるのは力がある人に担当してもらって、自分一人の時は水差しで上からちょっと給水、といったようにシチュエーションに合わせて給水方法が選べます。

どんな人にも安心して使ってもらえるよう配慮されていますね。

▼操作パネルに抗菌加工が加わってより清潔に!シャープ加湿器HV-P75はこちら

シャープ HV-P75  プラズマクラスター加湿器

▼性能は変わらない!少しでも安く買いたい方におすすめ!シャープ加湿器HV-L75はこちら

【知らないと損】Amazonでシャープ加湿器を安く買うには?

Amazonではチャージ機能を使うことで、シャープ加湿器をよりお得に購入することができますよ♪

ご自身のAmazonアカウントにコンビニで現金チャージをすると、Amazonポイントをもらうことができるんです。

一回のチャージ金額ごとに下記の割合でAmazonポイントをもらうことができます♪

  • プライム会員は最大2.5%
  • 通常会員でも2.0%

Amazonでよくお買い物する方は使わないと損ですよ♪

CHECK>>Amazonチャージを見てみる

HV-P75とHV-L75の違いを比較!旧型でも十分?まとめ

シャープ加湿器HV-P75とHV-L75を比較しました。

新型のHV-P75では、操作パネルが抗菌仕様になっていました!いつも良く触る部分が抗菌になっていると、安心感が違いますね。

しかしその他の、大きさや性能・特徴といったおおまかな部分では、違いはまったく見られませんでした。

同じ性能なら安い方がいいわ、という人や、いやいや抗菌で最新型の方がいいな!という人。

家庭のニーズに合わせて選んでみてくださいね!

▼操作パネルに抗菌加工が加わってより清潔に!シャープ加湿器HV-P75はこちら

シャープ HV-P75  プラズマクラスター加湿器

▼性能は変わらない!少しでも安く買いたい方におすすめ!シャープ加湿器HV-L75はこちら

加湿器としても、ヒーターとしても、空気清浄機としても使える!シャープ加湿セラミックファンヒーターもおすすめです↓

シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12 シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12の口コミ評判は?電気代やお手入れも調査