家電ジャンル【 最大​1,500​円OFF ​​クーポン ​​​​配布中!】楽天市場を今すぐ見てみる>>>

DEEBOT T8とT9の違いを比較!どう変わった?

DEEBOT T8とT9の違いを比較!どう変わった?

エコバックスロボット掃除機ディーボットDEEBOT T9シリーズとT8シリーズの違いを比較しました。

また、今回はその中でも自動ごみ収集機付きモデルのDEEBOT T9+とOZMO T8+の違いを比較しています。

DEEBOT OZMO T8+はDEEBOT T9+の型落ち品となります。

  • DEEBOT T9+ 2021年製
  • DEEBOT OZMO T8+ 2020年製

エコバックスロボット掃除機新型DEEBOTT9+と旧型OZMOT8+の違いは5つあります。

  1.  静音性の違い
  2.  3D物体回避能力・マッピング精度の違い
  3.  エアーフレッシュナーがあるかどうか
  4.  水タンク容量の違い
  5.  自動ごみ収集機のカラーの違い

OZMO T8+と比べて、新型のDEEBOT T9+は振動式パワフル水拭きのモーターが進化し、水拭き時の動作音がさらに静かになっています。

さらに、OZMO T8+で話題となった3D物体回避や、部屋の間取りや家具の位置を記憶するマッピングも制度が上がり、よりスムーズに部屋中をお掃除できるようになりました。

DEEBOT T9+は今回新たにお掃除中に同時に心地よい香りを拡散してお部屋の空気をリフレッシュさせてくれる「エアーフレッシュナー」を搭載。

一方で、拭き掃除に使用する水を入れる水タンクは、新型よりも旧型のOZMO T8+の方が大容量です。

また、カラーの違いとして、本体はどちらの機種もホワイトですが、自動ごみ収集機の色がそれぞれ違います。

OZMO T8+ではブラック、DEEBOT T9+では本体色と同じホワイトとなっています。

本文では、その他エコバックスロボット掃除機新型DEEBOTT9+と旧型OZMOT8+の違いを詳しく書いているのでぜひ読んでみてくださいね♪

また、エコバックスロボット掃除機新型DEEBOTT9+の口コミ評判についてはこちらの記事にまとめていますので、気になる方は読んでみてくださいね♪

エコバックス掃除機DEEBOT T9+の口コミ評判は?水拭きできる?段差は?サイズも調査 エコバックス掃除機DEEBOT T9+の口コミレビューは?水拭きできる?段差は?サイズも調査

静音性・物体回避能力アップ!お掃除しながらお部屋を消臭&好みの匂いにしてくれるDEEBOT T9+はこちら

基本的な掃除ならこれで十分!新モデルより5万円も安い!DEEBOT OZMO T8+はこちら

エコバックスロボット掃除機新型DEEBOTT9+と旧型OZMOT8+の違いを比較!

エコバックスロボット掃除機新型DEEBOTT9+と旧型OZMOT8+の違いは5つあります。

  1.  静音性の違い
  2.  3D物体回避能力・マッピング精度の違い
  3.  エアーフレッシュナーがあるかどうか
  4.  水タンク容量の違い
  5.  自動ごみ収集機のカラーの違い

一つずつご紹介しますね♪

静音性の違い

新型のDEEBOT T9+の方が水拭きの動作音が静かになり、耐久性も上がりました。

理由は、新型のDEEBOT T9+でヘッドを動かすモーターが新たにOZMO Pro2.0に進化したからです。

動作音は57dbなので、小さな声で話している時と同じぐらいの音なので、かなり静かですよ♪

テレワークでお仕事中にも音を気にせずに使えるのはうれしいね!

赤ちゃんのお昼寝中も使えちゃうよ♪

静音性・物体回避能力アップ!お掃除しながらお部屋を消臭&好みの匂いにしてくれるDEEBOT T9+はこちら

基本的な掃除ならこれで十分!新モデルより5万円も安い!DEEBOT OZMO T8+はこちら

3D物体回避能力・マッピング精度の違い

新型のDEEBOT T9+の物体回避能力がアップしています。

ロボット掃除機に欠かせないのが、家具や床に置いているものをよける物体回避能力と、部屋の間取りを記憶して隅々までお掃除するためのマッピング能力です。

OZMO T8+で話題となった3D物体回避能力は、高性能センサー「TrueDetect」で物の大きさを判断して回避するため、赤外線を使った従来品と比べると回避能力はなんと約10倍もアップしているとのことです!

ロボット掃除機が絡みやすい家電製品の電源コードもうまく回避してくれる優れものです。

DEEBOT T9+はこの性能もさらにグレードアップしたため、お部屋の中を傷つけることなくスムーズにお掃除してくれます。

物体回避能力が上がったってことは、少しぐらい床に物があっても避けて掃除してくれるってことだね♪

楽したいから買ったのに、ロボット掃除機を動かすために、部屋を片付けるなんて意味ないもんね(笑)

エアーフレッシュナーがあるかどうか

「エアーフレッシュナー」とは吸引掃除中にお部屋の空気を消臭・フレグランスを拡散してリフレッシュさせることができる機能です。

新モデルのDEEBOT T9+で初めて搭載されました!なので、OZMO T8+には付いていません。

  • フルーティーフローラルな香りの「ワイルドブルーベル」
  • 華やかな品のある香り「ベルガモット&ラベンダー」
  • ナチュラルなグリーン系の香り「キューカンバー&オーク」

の3種類を発売され、本体購入時には「ワイルドブルーベル」のカプセルが一つ付属していますよ♪

おうち時間がもっと心地よくなりそうだね♪

静音性・物体回避能力アップ!お掃除しながらお部屋を消臭&好みの匂いにしてくれるDEEBOT T9+はこちら

基本的な掃除ならこれで十分!新モデルより5万円も安い!DEEBOT OZMO T8+はこちら

水タンク容量の違い

旧型OZMO T8+の方が水タンクにより多くの水を入れることができます。

拭き掃除に使用する水が入る水タンクですが、

  • 旧型OZMO T8+には240ml
  • 新型DEEBOT T9+は180ml

となっており、旧型OZMO T8+の方が60ml多いです。

水拭き掃除をメインに考えている方は容量の違いは要チェック!

自動ごみ収集機のカラーの違い

自動ごみ収集機の色に違いがあり、

  • 旧型DEEBOTOZMO T8+はブラック
  • 新型のDEEBOT T9+はホワイト

になっています。

DEEBOT OZMO T8+はこちら⇩

DEEBOT T9+はこちら⇩

掃除機本体の色はどちらもホワイトだから、DEEBOT T9+では統一感を感じられるデザインになったね♪

エコバックスロボット掃除機新型DEEBOTT9+と旧型OZMOT8+どちらがおすすめ?

新型DEEBOTT9+がおすすめの方

  •  ロボット掃除機のが少しでも静かだと嬉しい方
  •  より家具やお部屋を傷つけず外出中もトラブルなくお掃除してほしいという方
  •  お掃除のあとフレッシュな香りを楽しみたい方
  •  ホワイトを基調にした家電が好きな方

CHECK>>エコバックスロボット掃除機新型DEEBOTT9+の口コミ評判・商品詳細はこちら

静音性・物体回避能力アップ!お掃除しながらお部屋を消臭&好みの匂いにしてくれるDEEBOT T9+はこちら

旧型DEEBOTOZMOT8+がおすすめの方

  •  吸引と水拭きが一緒にできたら十分だという方
  •  それなりに物体回避能力の高いロボット掃除機をお探しの方
  •  水拭き掃除をたくさん使用したい方
  •  なるべく価格を抑えたい方(新型より5万円ほど安いです)

CHECK>>DEEBOT OZMO T8+の口コミはこちら[楽天]

基本的な掃除ならこれで十分!新モデルより5万円も安い!DEEBOT OZMO T8+はこちら

これまでの違いを表にまとめてみました↓

 DEEBOT T9+DEEBOT OZMO T8+
水拭き時の静音性OZMO Pro 2.0(静穏性UP)OZMO Pro
3D物体回避能力
マッピング精度
TrueDetect 2.0/ TrueMapping2.0TrueDetec/
TrueMapping
エアーフレッシュナー搭載非搭載
水タンク容量180ml240ml
自動ごみ収集機カラーホワイトブラック

なお、値段に関しては旧型DEEBOT OZMO T8+の方が5万円ほど安いです。

ただ値段は変動する可能性もありますので、現時点でどちらが安いかはチェックしてみてくださいね♪

\最安値をチェックしてみる/

静音性・物体回避能力アップ!お掃除しながらお部屋を消臭&好みの匂いにしてくれるDEEBOT T9+はこちら

基本的な掃除ならこれで十分!新モデルより5万円も安い!DEEBOT OZMO T8+はこちら

エコバックスロボット掃除機新型DEEBOTT9+と旧型OZMOT8+の共通する特徴

DEEBOTの1番の特徴は、1台で吸引掃除も水拭き掃除もおまかせできる高性能ロボット掃除機だということです。

他メーカーでは別々の商品として販売されていることも多い「吸引掃除機」と「水拭き掃除機」が一つになっているので、便利ですよね。

優れた物体回避能力を発揮する「3D構造化ライト技術」が備わっていて、3センチ以上のものであれば立体的に障害物を判断できるんです。

スマホの充電コードが絡んだりカーテンの裾を巻き込んでしまったりと、ロボット掃除機にありがちなトラブルを上手に回避してくれるので、外出中の運転も安心ですね!

また、ロボット掃除機がもぐって止まってしまうことが多いカーペットへの対策もばっちり。

カーペット自動認識機能でカーペットを認識してから乗り上げてお掃除を継続したり、モップの使用中は濡らしてしまわないよう回避してくれますよ。

D-ToF(ディートフ)技術と言って、なんと車の自動運転にも使われている距離を測るセンサーを応用しているので間取りも正確に読みとることができます。

読みとった間取りはスマホで確認でき、場所を指定したお掃除の指示や進入禁止エリアもアプリから簡単に設定できます。

もちろん充電が少なくなると自動で充電スタンドに戻り、充電完了すると、中断していた地点からお掃除を再開してくれます。

静音性・物体回避能力アップ!お掃除しながらお部屋を消臭&好みの匂いにしてくれるDEEBOT T9+はこちら

基本的な掃除ならこれで十分!新モデルより5万円も安い!DEEBOT OZMO T8+はこちら

【知らないと損】Amazonエコバックスロボット掃除機ディーボットDEEBOTを安く買うには?

Amazonではチャージ機能を使うことで、エコバックスロボット掃除機ディーボットDEEBOTをよりお得に購入することができますよ♪

ご自身のAmazonアカウントにコンビニで現金チャージをすると、Amazonポイントをもらうことができるんです。

一回のチャージ金額ごとに下記の割合でAmazonポイントをもらうことができます♪

  • プライム会員は最大2.5%
  • 通常会員でも2.0%

Amazonでよくお買い物する方は使わないと損ですよ♪

CHECK>>Amazonチャージを見てみる

DEEBOT T8とT9の違いを比較!まとめ

今回はエコバックスの人気機種DEEBOT OZMO T8+と最新機種DEEBOT T9+を比較しました!

センサーやモーターなどの基本性能、水タンク容量などの違いがありましたが、一番の違いとしては、新型のDEEBOT T9+で新たに搭載されたエアーリフレッシュナーです。

新型は、お掃除後のにおいが気になる方には便利ですね♪

基本的なお掃除機能や、水拭き掃除もメインとして使用したい場合は、旧型のOZMO T8+のほうがよりお手頃ですよ。

どちらの掃除機も、吸引掃除と拭き掃除ができる1台2役で、従来のロボット掃除機の悩みが改善されている注目商品ですね!

また、エコバックスロボット掃除機新型DEEBOTT9+の口コミ評判についてはこちらの記事にまとめていますので、気になる方は読んでみてくださいね♪

エコバックス掃除機DEEBOT T9+の口コミ評判は?水拭きできる?段差は?サイズも調査 エコバックス掃除機DEEBOT T9+の口コミレビューは?水拭きできる?段差は?サイズも調査

静音性・物体回避能力アップ!お掃除しながらお部屋を消臭&好みの匂いにしてくれるDEEBOT T9+はこちら

基本的な掃除ならこれで十分!新モデルより5万円も安い!DEEBOT OZMO T8+はこちら


吸引力抜群で高評価!使いたい時にさっと出せて便利なシャークハンディクリーナーもおすすめです⇩

EVOPOWER EXとW35の違いを比較!どう進化した? EVOPOWER EXとW35の違いを比較!どう進化した?