美容家電【最大50%ポイントバック】!今すぐ楽天市場を見てみる>>>

象印EE-RR50とEE-DC50の違いを比較!どっちがおすすめ?

象印加湿器 EE-RR50とEE-DC50の違いを比較

象印加湿器 EE-RR50とEE-DC50の違いを比較しました。

象印加湿器 EE-RR50とEE-DC50はどちらも2021年製ですが、 EE-DC50はEE-RR50の上位モデルとなります。

象印加湿器 EE-RR50とEE-DC50の違いは5つあります。

  1. 色の違い
  2. 容量と重量の違い
  3. タイマー設定時間の違い
  4. 加湿モードの違い
  5. 連続加湿時間の違い

家電で定評のある「象印」の加湿器を比較しました。

両者の大きな特徴は、ポットと同じ造りで加湿が大容量!そしてお手入れ簡単ということです。

EE-RR50は、水が3リットル入り「弱」設定だと24時間の連続加湿が可能です。

EE-DC50の容量は4リットル。「弱」で36時間もの連続加湿が可能なのです。

その他にも、タイマーの設定時間や加湿モードなどに違いがありました。

本文では、その他象印加湿器 EE-RR50とEE-DC50の違いを詳しく書いているのでぜひ読んでみてくださいね♪

連続で24時間稼働できる容量があれば十分!少しでも安い方が嬉しい方におすすめ象印加湿器 EE-RR50はこちら

容量も稼働時間も多い!タイマー設定や加湿モードが細かく設定できる!象印加湿器 EE-DC50はこちら

象印加湿器 EE-RR50とEE-DC50の違いを比較!

シャープ加湿器HV-P75とHV-L75の違いは5つあります。

  1. 色の違い
  2. 容量と重量の違い
  3. タイマー設定時間の違い
  4. 加湿モードの違い
  5. 連続加湿時間の違い

一つずつご紹介しますね♪

色の違い

EE-RR50は白一色のみですが、EE-DC50は白とグレーの二色から選ぶことができます。

EE-RR50はこちら↓

EE-DC50はこちら↓

シンプルな白はどこに置いても馴染みそうですが、選べる色があるのは嬉しいですね。

容量と重量の違い

EE-RR50の容量は3リットル。

そしてEE-DC50の容量は4リットルです。

EE-DC50の方がたくさん入る分、大きさも重量も少し大きくなっています。

とはいえ、重量の方はそんなに大きな違いではありません。

EE-RR50が2.4kg、EE-DC50は2.9kg。

0.5kgの違いです。

連続で24時間稼働できる容量があれば十分!少しでも安い方が嬉しい方におすすめ象印加湿器 EE-RR50はこちら

容量も稼働時間も多い!タイマー設定や加湿モードが細かく設定できる!象印加湿器 EE-DC50はこちら

タイマー設定時間の違い

どちらにも「入」タイマーと「切」タイマーがついていますが、その設定時間が異なります。

まずは「入」タイマー。

EE-RR50は6時間設定のみです。

EE-DC50は4.6.8時間の中から選択出来ます。

次に「切」タイマー。

EE-RR50は2時間設定のみ。

EE-DC50は1.2.4時間の中から選択出来ます。

生活リズムなどが決まっていれば設定時間の選択がなくても困ることはないかもしれませんが、より選択肢が増えたことで助かる人も多そうです。

加湿モードの違い

加湿モードも少し異なっています。

EE-RR50は「強」「弱」の2段階。

EE-DC50は「強」「中」「弱」の3段階です。

「加湿器は強弱あれば充分」という人もいれば、「3段階ある方が調節できて嬉しい」という人もいるかもしれませんね。

連続で24時間稼働できる容量があれば十分!少しでも安い方が嬉しい方におすすめ象印加湿器 EE-RR50はこちら

容量も稼働時間も多い!タイマー設定や加湿モードが細かく設定できる!象印加湿器 EE-DC50はこちら

連続加湿時間

容量や加湿モードが異なることで、連続加湿時間も異なっています。

まずは、EE-RR50の連続加湿時間から。

「強」の設定で約6時間、「弱」設定で約24時間となっています。

「弱」だとまる1日稼働できるのですね!

そしてEE-DC50の連続加湿時間。

「強」約8時間、「中」約16時間、「弱」約32時間となっています。

「強」「弱」ともに、EE-DC50の方が多く稼働できますね。

容量も4リットルと多い分、稼働時間も長く確保できるようです。

それにしても32時間ってすごいですね!

朝に加湿器をつけたら、翌日の昼まで連続で稼働できますよ。

象印加湿器EE-RR50とEE-DC50どっちがおすすめ?

EE-RR50がおすすめの方

  •  色は白で問題ない
  •  連続で24時間稼働できる容量があれば充分だ
  •  タイマーはあまり使わないから、細かい設定はなくてもいい
  •  加湿は「強」「弱」あれば困らない
  •  安い方が嬉しい

CHECK>>象印加湿器EE-RR50の口コミはこちら[楽天]

連続で24時間稼働できる容量があれば十分!少しでも安い方が嬉しい方におすすめ象印加湿器 EE-RR50はこちら

EE-DC50がおすすめの方

  •  色は選べた方がいい
  •  容量も稼働時間も多い方が助かる
  •  タイマーを使うから、時間は選べると嬉しい
  •  加湿モードは3段階あるほうがいい

CHECK>>象印加湿器EE-DC50の口コミはこちら[楽天]

容量も稼働時間も多い!タイマー設定や加湿モードが細かく設定できる!象印加湿器 EE-DC50はこちら

これまでの違いを表にまとめてみました↓

※横にスクロールしてご覧ください

EE-RR50EE-DC50
 
白とグレー
容量3リットル4リットル
重量2.4kg2.9kg
タイマー「入」6時間4.6.8時間
タイマー「切」2時間1.2.4時間
加湿モード「強」「弱」「強」「中」「弱」
連続加湿時間「強」6時間「弱」24時間「強」8時間「中」16時間「弱」32時間

なお、値段に関しては下位モデルEE-RR50の方が6千円ほど安いです。

ただ値段は変動する可能性もありますので、現時点でどちらが安いかはチェックしてみてくださいね♪

\最安値をチェックしてみる/

連続で24時間稼働できる容量があれば十分!少しでも安い方が嬉しい方におすすめ象印加湿器 EE-RR50はこちら

容量も稼働時間も多い!タイマー設定や加湿モードが細かく設定できる!象印加湿器 EE-DC50はこちら

象印加湿器 EE-RR50とEE-DC50の共通する特徴

象印加湿器の特徴は、大きく以下の4つです。

●ポットと同じ構造で掃除が簡単

さすが、家電の象印です。

ポットと同じ構造で加湿器を作りました。

フィルターも不要で、ポットと同じようにフタをあけてお手入れできます。

●一度沸騰させた蒸気で清潔な加湿

水を一度沸騰させて、適温まで冷ました綺麗な蒸気を出します。

水の中の成分などが気になる人にはありがたい機能ですね。

●自動加湿調整

「温度」と「湿度」のセンサーがついており、自動で快適な状態を保ってくれます。

また、自動加湿でありながら「しっかり」「標準」「ひかえめ」と選べます。

「加湿しすぎ!」「ちょっともの足りない」などもしっかり補えますよ。

●部屋の加湿状況をお知らせ

湿度モニターがついており、「低湿」「適湿」「高湿」などが分かります。

温度と違って、なかなか体感では「適湿」って分かりませんよね。

お知らせランプがあることで、より快適な状態を維持できそうです。

連続で24時間稼働できる容量があれば十分!少しでも安い方が嬉しい方におすすめ象印加湿器 EE-RR50はこちら

容量も稼働時間も多い!タイマー設定や加湿モードが細かく設定できる!象印加湿器 EE-DC50はこちら

【知らないと損】Amazonで象印加湿器を安く買うには?

Amazonではチャージ機能を使うことで、象印加湿器をよりお得に購入することができますよ♪

ご自身のAmazonアカウントにコンビニで現金チャージをすると、Amazonポイントをもらうことができるんです。

一回のチャージ金額ごとに下記の割合でAmazonポイントをもらうことができます♪

  • プライム会員は最大2.5%
  • 通常会員でも2.0%

Amazonでよくお買い物する方は使わないと損ですよ♪

CHECK>>Amazonチャージを見てみる

象印EE-RR50とEE-DC50の違いを比較!どっちがおすすめ?まとめ

家電メーカーの象印がつくった「ポットと同じ構造」の加湿器は、機能性を重視したつくりになっています。

EE-RR50は容量が3リットル。「弱」で約24時間加湿できます。

EE-DC50は容量が4リットル。約32時間も連続で加湿できます。

その他にも、タイマーの設定時間や加湿モードなどで違いがありました。

しかしどちらも、お手入れ簡単で大容量、連続加湿時間も長い加湿器です。

一家に一台あると嬉しいですね。

連続で24時間稼働できる容量があれば十分!少しでも安い方が嬉しい方におすすめ象印加湿器 EE-RR50はこちら

容量も稼働時間も多い!タイマー設定や加湿モードが細かく設定できる!象印加湿器 EE-DC50はこちら

加湿器としても、ヒーターとしても、空気清浄機としても使える!シャープ加湿セラミックファンヒーターもおすすめです↓

シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12 シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12の口コミ評判は?電気代やお手入れも調査