家電ジャンル【 最大​1,500​円OFF ​​クーポン ​​​​配布中!】楽天市場を今すぐ見てみる>>>

HX-PK12とHX-L120の違いを比較!おすすめはどっち?

シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12とHX-L120の違いを比較しました。

HX-L120はHX-PK12の型落ち品(旧型)になります。

  • HX-PK12 2021年製
  • HX-L120 2020年製

シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12とHX-L120の違いは6つあります。

  1. 風量の違い
  2. 加湿量の違い
  3. 切り忘れ防止機能による停止までの時間の違い
  4. チャイルドロックの違い
  5. 電気代の違い
  6. タンク容量の違い

シャープ加湿セラミックファンヒーターの新型HX-PK12は、旧型HX-L120に比べると風量が30パーセントアップ。

加湿量は20パーセントアップし、消費電力は抑えられ電気代はダウン!

新型HX-PK12の方が全体的にパワーアップしています。

その他に、切り忘れ防止機能の時間が短くなったりチャイルドロック機能が追加されたりと嬉しい機能も増えていました。

本文では、その他シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12とHX-L120の違いを詳しく書いているのでぜひ読んでみてくださいね♪

また、シャープ加湿セラミックファンヒーターの新型HX-PK12の口コミ評判はこちらの記事にまとめていますので、合わせてご覧ください↓

シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12 シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12の口コミ評判は?電気代やお手入れも調査

▼風量・加湿量アップで電気代も安い!暖かい風をより遠くまで届けることができるシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12はこちら

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター HX-PK12 HXPK12

それなりの風量と加湿量で十分という方におすすめ!新型よりお手頃価格のシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-L120はこちら

シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12とHX-L120の違いを比較!

シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12とHX-L120の違いは6つあります。

  1. 風量の違い
  2. 加湿量の違い
  3. 切り忘れ防止機能による停止までの時間の違い
  4. チャイルドロックの違い
  5. 電気代の違い
  6. タンク容量の違い

一つずつご紹介しますね♪

風量の違い

新型のHX-PK12は、旧型のHX-L120に比べて風量がなんと30パーセントアップしています。

暖かい風というのはすぐに上に行ってしまってなかなか足下が暖まらないのが困りものなのですよね。

新型のHX-PK12は、強くて速い風を送り出すことで暖かい風を遠くまで届けることができるようになりました。

その距離は旧型HX-L12の約2倍です。

風量が増えて暖かい風も遠くまで素早く行き渡るようになったので、ひんやり冷たい足下が早く暖まるようになりました。

寒い冬にはとても嬉しいね♪

加湿量の違い

新型のHX-PK12は、加湿量もアップ!旧型のHX-L120と比べると20パーセントもアップしています。

これは業界内でもトップクラスの加湿量です。

加湿量がアップしたことで、対応出来る面積もグンと増えました。

旧型HX-L120は和室8.5畳対応だったのが、新型HX-PK12は11畳に。

洋室は14畳対応だったのが18畳に。

より大きな部屋でも使えるようになったので、使用できる部屋も増えますね。

▼風量・加湿量アップで電気代も安い!暖かい風をより遠くまで届けることができるシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12はこちら

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター HX-PK12 HXPK12

それなりの風量と加湿量で十分という方におすすめ!新型よりお手頃価格のシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-L120はこちら

切り忘れ防止機能による停止までの時間の違い

シャープ加湿セラミックファンヒーターには、切り忘れ防止機能がついています。

運転中に長時間何の操作もなければ、自動的に運転を停止するというもの。

旧型のHX-L120は、12時間操作がなければ停止するようになっています。

新型HX-PK12はこの時間が短縮されて8時間で停止します。

切り忘れてしまったときに自動で停止してくれると、電気代の節約にもなりますね!

チャイルドロックがあるかどうかの違い

旧型のHX-L120にはチャイルドロックがついていませんが、新型HX-PK12には新たに搭載されました。

小さいお子様は、ほんの少し目を離しただけで何をするかわかりません。

チャイルドロック機能があると、うっかり変な操作をされることもなくなるのでお子様のいる家庭にはありがたい機能です。

電気代の違い

新型HX-PK12は、消費電力も少し抑えられています。

「強」の設定だと変わりませんが、「弱」は650Wが620Wに。

「加湿」は600Wが570Wと消費電力が控えめになっていますね。

それに伴って、電気代も少し減りました。

1時間あたりの「弱」の電気代が18円から17円に。

「加湿」では16円から15円に変わりました。

たった1円だけ?!と思われるかもしれませんが、毎日何時間も使うものです。

少しでも電気代が安くなれば嬉しいですよね。

1日9時間✕30日の使用で270円くらいお得になりますよ。

▼風量・加湿量アップで電気代も安い!暖かい風をより遠くまで届けることができるシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12はこちら

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター HX-PK12 HXPK12

それなりの風量と加湿量で十分という方におすすめ!新型よりお手頃価格のシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-L120はこちら

タンク容量の違い

タンクに入れる水の量も少しアップ!

旧型HX-L120のタンク容量は2.7Lですが、新型HX-PK12は3.1Lにアップ!

タンクの水を替えるのって、けっこうめんどくさい作業ですよね。

水場に行かないといけないし重いし・・・。

新型HX-PK12は加湿量も増えているので、水も従来よりたくさん必要かと思います。

容量が増えてたくさん使えるようになったのはわりと大きなポイントではないでしょうか。

シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12とHX-L120どっちがおすすめ?

HX-PK12がおすすめの方

  • 広めの部屋で使用を考えている人
  • しっかり加湿したい人
  • 電源などよく切り忘れてしまう人
  • 小さなお子様がいる人
  • 少しでも電気代を抑えたい人 

CHECK>>シャープ加湿セラミックファンヒーターの新型HX-PK12の口コミ評判はこちら

▼風量・加湿量アップで電気代も安い!暖かい風をより遠くまで届けることができるシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12はこちら

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター HX-PK12 HXPK12

HX-L120がおすすめの方

  • 8畳未満の部屋での使用を考えている人
  • そこそこ加湿できれば充分な人
  • 切り忘れ防止機能はあまり必要ないかな、という人
  • 特にチャイルドロックも必要ない人
  • 購入時に少しでも安い方が嬉しい、という人

CHECK>>シャープ加湿セラミックファンヒーター旧型HX-L120の口コミ評判はこちら[Amazon]

それなりの風量と加湿量で十分という方におすすめ!新型よりお手頃価格のシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-L120はこちら

これまでの違いを表にまとめてみました↓

(※横にスクロールしてご覧ください)

HX-PK12HX-L120
 
風量(温風の飛距離)30パーセントアップ!210cm○102cm
加湿量650ml/h540ml/h
切り忘れ防止機能8時間12時間
チャイルドロック×
電気代/1時間弱・・・17円
加湿・・・15円
弱・・・18円
加湿・・・16円
タンク容量3.1L2.7L

なお、値段に関しては旧型HX-L120の方が1万円ほど安いです。

ただ値段は変動する可能性もありますので、現時点でどちらが安いかはチェックしてみてくださいね♪

\最安値をチェックしてみる/

▼風量・加湿量アップで電気代も安い!暖かい風をより遠くまで届けることができるシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12はこちら

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター HX-PK12 HXPK12

それなりの風量と加湿量で十分という方におすすめ!新型よりお手頃価格のシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-L120はこちら

シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12とHX-L120の共通する特徴

シャープ加湿セラミックファンヒーターの特徴は、センサーがふたつあること!

温度センサーだけでなく、湿度センサーもついています。

このふたつのセンサーが自動で温度や湿度を感知して快適な状態を保ってくれます。

自動で温度を調整してくれる機能はよく聞きますが、湿度も加味して調節してくれるのは、乾燥する時期にはありがたいですね。

もうひとつの特徴は、お手入れが簡単なこと。

運転を停止すると、勝手にフィルター掃除を始めます。

また、加湿フィルターや給水ポンプ、トレーやタンクなど汚れのつきやすい部品は外してマルッと水洗いできます。

フィルター掃除は勝手にしてくれるので、毎日のお手入れは不要。

時々取り外して丸洗いするだけでOKです!

▼風量・加湿量アップで電気代も安い!暖かい風をより遠くまで届けることができるシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12はこちら

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター HX-PK12 HXPK12

それなりの風量と加湿量で十分という方におすすめ!新型よりお手頃価格のシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-L120はこちら

【知らないと損】Amazonシャープ加湿セラミックファンヒーターを安く買うには?

Amazonではチャージ機能を使うことで、シャープ加湿セラミックファンヒーターをよりお得に購入することができますよ♪

ご自身のAmazonアカウントにコンビニで現金チャージをすると、Amazonポイントをもらうことができるんです。

一回のチャージ金額ごとに下記の割合でAmazonポイントをもらうことができます♪

  • プライム会員は最大2.5%
  • 通常会員でも2.0%

Amazonでよくお買い物する方は使わないと損ですよ♪

CHECK>>Amazonチャージを見てみる

HX-PK12とHX-L120の違いを比較!おすすめはどっち?まとめ

シャープ加湿セラミックファンヒーター新型HX-PK12と旧型HX-L120を比較しました。

旧型HX-L120でも充分な機能を備えているのですが、新型HX-PK12は全体的にレベルアップ!

風量や加湿量が大幅に増えて電気代は減るという嬉しい変化です。

とはいえ、風量や加湿量がアップしたことは6畳未満の部屋ではあまり役に立ちません。

切り忘れ防止機能やチャイルドロックも進化しています。

使用する部屋の大きさだけでなく家族構成も加味して選ぶと間違いなさそうです!

また、シャープ加湿セラミックファンヒーターの新型HX-PK12の口コミ評判はこちらの記事にまとめていますので、合わせてご覧ください↓

シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12 シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12の口コミ評判は?電気代やお手入れも調査

▼風量・加湿量アップで電気代も安い!暖かい風をより遠くまで届けることができるシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12はこちら

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター HX-PK12 HXPK12

それなりの風量と加湿量で十分という方におすすめ!新型よりお手頃価格のシャープ加湿セラミックファンヒーターHX-L120はこちら

じんわり暖かい、空気が乾燥しないと好評のデロンギオイルヒーターもおすすめです↓

デロンギオイルヒーターRHJ21F0812 デロンギオイルヒーターRHJ21F0812の口コミ評判は?電気代や使い方お手入れも調査