家電ジャンル【 最大​1,500​円OFF ​​クーポン ​​​​配布中!】楽天市場を今すぐ見てみる>>>

タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100とJPL-G100の違いを比較!

タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100とJPL-G100の違いを比較!

タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100とJPL-G100の違いを比較しました。

どちらもタイガーの圧力IH炊飯器<炊きたて>ご泡火炊きの炊飯器で、2021年6月21日に発売開始された商品です。

JPL-G100は土鍋で炊き上げるタイガー炊飯器の最高傑作であり、最上級モデルとなっています。

そして、JPI-G100はJPL-G100の一つ下の下位モデルという位置付けです。

そんな、タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100とJPL-G100の違いは6つあります。

  1. 内なべが土鍋かどうかの違い
  2. 炊き方の違い 
  3. 液晶の違い 
  4. 炊き分けの違い 
  5. メニューの種類の違い 
  6. お手入れの違い 

JPI-G100はご泡火(ごほうび)炊きのみ、JPL-G100はご泡火炊きと丹精仕上げ・おひつ保温が出来るようになっています。

液晶はJPI-G100は大型クリア液晶(オレンジ)、JPL-G100は操作が簡単なタッチパネル搭載のバックライト液晶を採用しています。

また、JPI-G100は少量でもおいしく炊ける少量旨火炊きなのに対し、JPL-G100新型は一合料亭炊きと70種類の銘柄巧み炊きわけが搭載されていますよ♪

メニューの種類は、JPI-G100よりJPL-G100の方が細かく分けれており、種類も多いです。

最後にいつものお手入れは、JPI-G100旧型のお手入れが3点、JPL-G100新型のお手入れが2点と仕様やお手入れ方法が異なります。

本文では、その他タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100とJPL-G100を詳しく書いているのでぜひ読んでみてくださいね♪

また、タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100の口コミ評判はこちらの記事に⇩

タイガー炊飯器圧力IHご泡火炊きJPI-G100の口コミ評判は?レシピや使い方お手入れも調査 タイガー炊飯器JPI-G100の口コミレビューは?レシピや使い方お手入れも調査

タイガー炊飯器炊きたてJPL-G100の口コミ評判はこちらの記事にまとめていますので、合わせてご覧ください⇩

タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-G100の口コミ評判は?使い方・お手入れも調査 タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-G100の口コミ評判は?使い方やお手入れも調査

▼普段使いにぴったり!お手頃価格で手軽に土鍋で炊いたような味を楽しめる!タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100はこちら

本格派にぴったり!本物の土鍋で炊き上げる最上級モデルタイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-G100はこちら

タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100とJPL-G100の違いを比較!

タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100とJPL-G100の違いは6つあります。

  1. 内なべが土鍋かどうかの違い
  2. 炊き方の違い 
  3. 液晶の違い 
  4. 炊き分けの違い 
  5. メニューの種類の違い 
  6. お手入れの違い 

一つずつご紹介しますね♪

内なべが土鍋かどうかの違い

JPI-G100は土鍋風の内なべであるのに対し、JPL-G10は本物の土鍋となっています。

JPI-G100土鍋風の内なべ

こちらは、本物の土鍋ではありませんが、理想の土鍋に近づくように再現して作られています。

内なべの外側には「土鍋蓄熱コーティング & かまどコーティング」が施されており、内側には「遠赤土鍋コーティング」が施されています。

これらのコーティングにより、土鍋の蓄熱性を備え、細やかな泡立ちで沸騰します。

そのため、土鍋で炊いたように、芯からふっくら炊き上げることができますよ♪

フッ素コーティングはがれに3年間の保証が付いています。

JPL-G10の本土鍋

三重県四日市市で作られている萬古焼(ばんこやき)の土鍋を使用。

6層コーティングで、内側は土鍋専用フッ素加工が施されています。

土から作られた土鍋は蓄熱性が非常に高く、最高温度約280度の高火力により、お米本来の甘みを引き出します。

また遠赤効果によりお米をじっくり芯まで加熱し、旨みを引き出します。

さらに土鍋ならではの細かく均一な泡がお米一粒一粒を優しく包み込み、ふっくらした炊き上がりになります。

土鍋には割れとフッ素コーティングはがれに5年間の保証が付いていますよ。

本物の土鍋で炊いたお米をが食べたい!という方には、JPL-G100はぴったりですね♪

ただ、本土鍋を使用しているJPL-G100の口コミを調査したところ、わずかではありますが焦げやすいという声がありました。

本土鍋ということもあり、普通の炊飯器に慣れている方は、少し扱いづらい部分があるのかなとかなと感じます。

その点、JPI-G100は土鍋に近い炊き上げりにはなるものの、普通の炊飯器の内なべと扱いは変わらないので、安心できますね♪

▼普段使いにぴったり!お手頃価格で手軽に土鍋で炊いたような味を楽しめる!タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100はこちら

本格派にぴったり!本物の土鍋で炊き上げる最上級モデルタイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-G100はこちら

炊き方の違い

JPI-G100はご泡火(ごほうび)炊きのみですが、JPL-G100はご泡火炊きと丹精仕上げ・おひつ保温が出来ます。

JPI-G100ではかまどで炊く土鍋ご飯のようなおいしさを手軽にいつでも味わえるように、土鍋に迫る高火力・遠赤効果・やさしい泡立ちを実現しました。

JPL-G100ではそれに加えて仕上げが進化しており、高温の蒸らしで甘みを引き出す「丹精仕上げ」が搭載されています。

また、ハリつやポンプも新搭載されています。

呼吸のように、余分な熱と蒸気を排出し外気を取り込むことによって、ごはんのハリと弾力を引き出します

そして、本体底の温度センサーで温度をコントロールし、おいしさが更に長持ちする「おひつ保温」も採用していますよ。

JPL-G100は最上級モデルというだけあって、美味しくなる機能が盛りだくさんだね♪

液晶の違い

JPI-G100は大型クリア液晶(オレンジ)JPL-G100は操作が簡単なタッチパネル搭載のバックライト液晶となります!

JPI-G100は視認性が高く見やすいオレンジの液晶となっています⇩

一方、JPL-G100は操作が簡単なタッチパネルが搭載されています。

さらに、従来モデルよりも液晶サイズ200%アップ・文字サイズ150%アップと、よりスタイリッシュに使い心地の良さを追及しました。

見やすさで言ったら、どっちも変わらないかな?

でも、JPL-G100はタッチパネルだから直感的に操作できて、便利だね♪

炊き分けの違い

JPI-G100は少量でもおいしく炊ける少量旨火炊きを、JPL-G100は一合料亭炊きと70種類の銘柄巧み炊きわけが搭載されています。

通常の加熱では少量をおいしく炊く事は難しいこととされていました。

しかし、JPI-G100では少量でも旨みを引き出す加熱を金属釜でも再現しました!

JPI-G100には0.5合から2合までの少量をおいしく炊きあげる事が出来ます。

そして、JPL-G100では付属の「一合料亭炊き専用土鍋中ぶた」を使用することにより、0.5合の少量のお米でも料亭のような炊き立てご飯を味わうことができます。

さらに、70種類ものお米の銘柄を炊きわけることが可能となりました!

ご飯のねばりやかたさなどの銘柄に応じた炊き分けが実現されています。

主要な銘柄は簡単に操作パネルから選択できるようになっていますよ♪

▼普段使いにぴったり!お手頃価格で手軽に土鍋で炊いたような味を楽しめる!タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100はこちら

本格派にぴったり!本物の土鍋で炊き上げる最上級モデルタイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-G100はこちら

メニューの種類の違い

JPL-G100には普段使いに便利なメニューが、JPI-G100はより美味しく楽しめるメニューが搭載されています。

JPI-G100旧型には下記のメニューが搭載されています!

  • 「少量高速」
  • 「冷凍ごはん」
  • 「すし・カレー」
  • 「2種類の麦めし」

JPI-G100の少量高速メニューはお茶碗1杯が最短約15分で炊き上がります!

冷凍ごはんはパサつきやベタつきを解消し、いつでも炊きたての美味しい仕上がりになります。

また簡単にすしやカレーに合うご飯を炊くことも出来るのです。

JPL-G100新型には下記メニューが搭載されています。

  • 「5段階の炊き分け」
  • 「3段階の火かげん調節機能」
  • 「2種類の麦めし」
  • 「3種類の炊き込み」

JPL-G100新型は5段階の炊き分けが出来るので、チャーハン・カレー・白米・おにぎり・お弁当とそれぞれに合った仕上がりにしてくれます。

また3段階の火かげんを調節することで、香ばしいおこげが楽しめるようにもなりました!

更に3種類の炊き込みメニューによって、麦・雑穀・玄米どれでも美味しく作ることが出来ます!

JPI-G100は少量早炊きメニューや冷凍ごはんメニューがあって、普段使いにぴったりのメニューが多いね!

JPL-G100は、さらに細かい炊き分けができて、おこげも作れたり、より美味しく食べるためのメニューになっているね♪

お手入れの違い

JPI-G100はいつものお手入れが3点JPL-G100はいつものお手入れが2点になります。

JPI-G100旧型はいつものお手入れに

  • 内なべ
  • 着脱式内ぶた
  • スチームキャップ

の3点のお手入れが必要で、食器洗い乾燥機に対応しているのはスチームキャップのみです。

JPL-G100新型はいつものお手入れは

  • 本土鍋
  • マグネット式着脱内ぶた

の2点のお手入れが必要で、食器洗い洗浄機に対応しているのは内ぶたのみになります。

タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100とJPL-G100どちらがおすすめ?

JPI-G100がおすすめの方

  • 本土鍋ではなくても土鍋に近い炊き上がりで十分な方
  • タッチパネルじゃなくても十分な方
  • 見やすいオレンジ色の液晶がいい方 
  • 少量を早く炊きたい方
  • ごはんを美味しく冷凍保存したい方
  • 寿司やカレー向けの炊き加減を選べれば十分な方 
  • 高機能よりも手軽で低価格の方が良い方(JPL-G100より6万円ほど安いです)

CHECK>>タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100の口コミ評判はこちら

▼普段使いにぴったり!お手頃価格で手軽に土鍋で炊いたような味を楽しめる!タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100はこちら

JPL-G100がおすすめの方

  • 本物の土鍋で炊いたごはんが食べたい方
  • より美味しくご飯を炊きたい方 
  • スタイリッシュなタッチパネルがいい方 
  • より美味しく保温したい方
  • 銘柄別に炊き分けたい方
  • おこげを楽しみたい方
  • より多くの調理にあった炊き分けをしたい方
  • お手入れする部品が一つでも少ない方が良い方
  • 内ぶたを食洗機で洗いたい方
  • どうせ買うなら最上級モデルが良い方

CHECK>>タイガー炊飯器炊きたてJPL-G100の口コミ評判はこちら

本格派にぴったり!本物の土鍋で炊き上げる最上級モデルタイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-G100はこちら

これまでの違いを表にまとめてみました↓

※横にスクロールしてご覧ください

JPI-G100JPL-G100
 

炊き方ご泡火(ごほうび)炊きのみご泡火炊き・丹精仕上げ・おひつ保温
液晶大型クリア液晶(オレンジ)タッチパネル搭載のバックライト液晶
炊き分け少量旨火炊き一合料亭炊きと70種類の銘柄巧み炊きわけ
メニューの種類「少量高速」「冷凍ごはん」「すし・カレー」「2種類の麦めし」「5段階の炊き分け」「3段階の火かげん調節機能」「2種類の麦めし」「3種類の炊き込み」
お手入れ内なべ・着脱式内ぶた・スチームキャップの3点本土鍋・マグネット式着脱内ぶたの2点
保証コーティング保証3年割れ保証とコーティング保証の2種類の保証5年

タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100とJPL-G100の共通する特徴

JPI-G100旧型とJPL-G100新型の共通点は下記の通りです。

  • どちらも5.5合炊きでカラーはミネラルブラックとエクリュホワイトの2カラー展開
  • 土鍋で炊いたような仕上がりになること
  • 内なべの保証がついていること
  • 24時間保温や炊き上がり予約が出来るこ

カラーと合数はどちらも同じでした。

また、土鍋で炊いたような仕上がりにこだわっている点と保証がついている点(保証期間は異なる)、炊飯器には必須の保温やタイマーはどちらもしっかりと搭載されていますよ♪

【知らないと損】Amazonでタイガー炊飯器炊きたてご泡火炊きを安く買うには?

Amazonではチャージ機能を使うことで、タイガー炊飯器炊きたてご泡火炊きJPI-G100をよりお得に購入することができますよ♪

ご自身のAmazonアカウントにコンビニで現金チャージをすると、Amazonポイントをもらうことができるんです。

一回のチャージ金額ごとに下記の割合でAmazonポイントをもらうことができます♪

  • プライム会員は最大2.5%
  • 通常会員でも2.0%

Amazonでよくお買い物する方は使わないと損ですよ♪

CHECK>>Amazonチャージを見てみる

タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-G100をふるさと納税でお得にゲット!

タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-G100はふるさと納税対象商品です↓



実質2,000円の負担でお得にゲットできちゃいますので、ぜひ検討してみてくださいね♪

ふるさと納税がはじめての方はこちらをチェック↓

CHECK>>ふるさと納税はじめてガイド[楽天]

タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100とJPL-G100の違いを比較!まとめ

タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100とJPL-G100の違いを比較しました。

タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100とJPL-G100の違いは6つありますが、大きな違いは土鍋かどうかの違いです。

JPL-G100は本土鍋で炊き上げるので、当然美味しく炊き上がります。

しかし、土鍋であるが故に扱いが難しく、美味しく炊くにはコツが必要です。

さらにお値段も高くなっています。

その点、JPI-G100は土鍋に近い炊き上がりになるものの、普通の炊飯器と変わらないため扱いは簡単です。

その分お値段も安くなっています。

さらに、少量早炊き機能や、冷凍ごはん専用メニューもあり、普段使いに便利な機能が備わっています。

手軽に美味しいごはんを炊きたい方はJPI-G100、とことん味にこだわりたい方はJPL-G100も良いですね♪

また、タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100の口コミ評判はこちらの記事に⇩

タイガー炊飯器圧力IHご泡火炊きJPI-G100の口コミ評判は?レシピや使い方お手入れも調査 タイガー炊飯器JPI-G100の口コミレビューは?レシピや使い方お手入れも調査

タイガー炊飯器炊きたてJPL-G100の口コミ評判はこちらの記事にまとめていますので、合わせてご覧ください⇩

タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-G100の口コミ評判は?使い方・お手入れも調査 タイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-G100の口コミ評判は?使い方やお手入れも調査

▼普段使いにぴったり!お手頃価格で手軽に土鍋で炊いたような味を楽しめる!タイガー炊飯器炊きたてJPI-G100はこちら

本格派にぴったり!本物の土鍋で炊き上げる最上級モデルタイガー炊飯器土鍋ご泡火炊きJPL-G100はこちら

炊けば炊くほど、どんどん自分好みの炊き上がりに近づく!AI機能搭載の「我が家炊き」が大好評の象印炊飯器も人気です⇩

象印炊飯器炎舞炊きNW-LB10の口コミ評判は?レシピやお手入れ・使い方も調査 象印炊飯器炎舞炊きNW-LB10の口コミ評判は?レシピやお手入れも調査