日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の違いを比較!どっちがおすすめ?

日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の違いを比較!どっちがおすすめ?

日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の違いを比較しました。

日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の違いは3つあります。

  1. 本体のカラーバリエーションの違い
  2. 付属の「レシピBOOK」の内容の違い
  3. 発売日と価格の違い
日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の違いを比較!どっちがおすすめ?

これらの違いを踏まえておすすめの方は下記の通りです。

HMO-F200がおすすめの方

  • 最新モデルのコンベクションオーブンが欲しい方
  • レシピブックにはトレンドを意識したメニューも欲しい方
  • 黒色の家電が好きな

HMO-F100がおすすめの方

  • できるだけ安くコンベクションオーブンを購入したい方 
  • レシピブックには家庭料理メインのメニューが欲しい方
  • 赤色の家電が好きな方 

日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の機能面の違いはありません。

そのため、製造年やカラーにこだわりがない場合は、現時点でポイントなども含めて価格の安い方を選ぶのがおすすめです。

HMO-F200の本体カラーはブラックとホワイトなのに対して、F100はメタリックレッドとホワイトという少し珍しいカラーラインナップです。

また、付属のレシピBOOKに記載されているメニューが変わっていたり、説明書がより見やすく変更されています。

本文では、その他日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の違いを詳しく書いているのでぜひ読んでみてくださいね♪

また、日立コンベクションオーブンHMO-F300とF200の違いはこちらにまとめていますので、合わせてご覧ください↓

今だけ!楽天ポイント10倍!

2

2月29日23:59までの期間限定!

新型!ブラックカラーあり!日立コンベクションオーブンHMO-F200はこちら

旧型!レッドカラーあり!少し安い日立コンベクションオーブンHMO-F100はこちら

日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の違いを比較!

日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の違いを比較!どっちがおすすめ?

日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の違いは3つあります。

  1. 本体のカラーバリエーションの違い
  2. 付属の「レシピBOOK」の内容の違い
  3. 発売日と価格の違い

一つずつご紹介しますね♪

本体のカラーバリエーション

HMO-F200の本体カラーは、シックなストーンブラックとどんな場所でも馴染みやすいホワイトの2色展開です。

一方、F100はホワイトとメタリックレッドの2色となっています。

黒か白ならどんなお部屋でも間違いないですよね。

赤い家電製品は派手に見えますが、意外と白にも木目調にも合うので悪目立ちせず、ほど良いアクセントになります。

インテリア上級者さんには赤もおすすめですよ。

付属の「レシピBOOK」の内容

HMO-F200とF100には、どちらも製品を使ったレシピを紹介する「レシピBOOK」がついています。

レシピ数はどちらも20種類ずつなんですが、内容が異なります。

HMO-F200(色がついているのは共通メニューです)

メインレシピ豚の生姜焼き・ポテトグラタン・さんまの塩焼き・イタリアンハンバーグ・アジフライ
副菜レシピ焼きなすのじゃこ浸し・ハーブポテト・ほうれん草のクリーム煮
ヘルシーレシピツナフレーク・エビとアボカドの春巻・鮭のホイル焼き
おつまみレシピからあげ・チーズタッカルビ・くるくる豚串
パン・ピザレシピナポリタンピザ・マリトッツォ・ちぎりパン
スイーツレシピバスクチーズケーキ・チョコフォンデュ・チョコブラウニー

HMO-F100(色がついているのは共通メニューです)

ノンフライレシピからあげ・とんかつ・鮭フライ・コロッケ・フライドチキン
グリルレシピスペインオムレツ・トマトグリル・さんまの塩焼き
パン・ピザレシピクロワッサン・ピザ
オーブンレシピグラタン・ハンバーグ・ローストチキン
スイーツレシピ焼きドーナツ・クッキー・スイートポテト・プリン・ロールケーキ
低温レシピフルーツチョコ・丸パン

HMO-F100が基本の家庭料理中心なのに比べて、F200はマリトッツォやチーズタッカルビなどここ数年のトレンドも意識したラインナップです。

このレシピBOOKは日立の公式サイトで見ることもできるので、どちらにも挑戦したいメニューがあるという方も心配はいりません。

HMO-F200レシピBOOK

HMO-F100レシピBOOK

例えばネットはあまり使わないという方にプレゼントする場合などは、事前にどんな料理を作るのかリサーチしておくと安心です。

どのレシピもそんなに複雑ではありませんが、このオーブントースターを使っての作り方が書いてあるのはやはり便利ですし、普段作らないレシピにも挑戦してみようという気持ちになれそうですね。

新型!ブラックカラーあり!日立コンベクションオーブンHMO-F200はこちら

旧型!レッドカラーあり!少し安い日立コンベクションオーブンHMO-F100はこちら

発売日と価格

  • HMO-F200は2022年4月発売
  • HMO-F100は2018年12月発売

F100はすでに生産を終了しているので、店舗によっては在庫がなかったり中古のみの取り扱いの可能性があります。

価格は、楽天市場での新品価格でF100が9,980円〜、F200が13,790円〜となっています。

F100はメタリックレッド、F200はホワイトの方がお安く手に入るようです。

一番高価なF200のストーンブラックが14,500円くらいなので、5000円くらいの差があります。

新型!ブラックカラーあり!日立コンベクションオーブンHMO-F200はこちら

旧型!レッドカラーあり!少し安い日立コンベクションオーブンHMO-F100はこちら

日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100どっちがおすすめ?

日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の違いを比較!どっちがおすすめ?

日立コンベクションオーブンHMO-F200がおすすめの方

  • 最新モデルのコンベクションオーブンが欲しい方
  • レシピブックにはトレンドを意識したメニューも欲しい方
  • 黒色の家電が好きな

今だけ!楽天ポイント10倍!

2

2月29日23:59までの期間限定!

新型!ブラックカラーあり!日立コンベクションオーブンHMO-F200はこちら

日立コンベクションオーブンHMO-F100がおすすめの方

  • できるだけ安くコンベクションオーブンを購入したい方 
  • レシピブックには家庭料理メインのメニューが欲しい方
  • 赤色の家電が好きな方 

旧型!レッドカラーあり!少し安い日立コンベクションオーブンHMO-F100はこちら

これまでの違いを表にまとめてみました↓

HMO-F200HMO- F100
 

本体のカラーストーンブラック、ホワイトメタリックレッド、ホワイト
レシピBOOK海老とアボカドの春巻き、マリトッツォなどクッキー、プリン、とんかつなど
発売日2022年4月2018年12月
価格(楽天市場・新品)13,790円〜9,980円〜

日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の共通する特徴

日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100は、どちらも遠赤外線ヒーターと庫内で熱風を循環させるコンベクションのWのパワーでムラなく加熱し、料理を美味しく仕上げてくれるオーブンです。

ムラなく焼けるので何度も焼き直したり温度の調節が必要なく、忙しい朝のパンのトーストからヘルシーなノンフライの揚げ物料理、パン作りまでさまざまな場面で活用することができます。

唐揚げやとんかつがオーブンでできればキッチンの油ハネも気にしなくて良いですし、油を使わないのでカロリーや胃腸への負担が気になる方でも美味しく食べられそうですよね。

また、40℃から250℃の9段階で温度が設定できるので、パンの発酵やチョコを溶かすといった低温での作業も任せられるのも嬉しいポイントです。

食パンを4枚同時に焼いたり直径25cmくらいのピザも焼けるほど庫内が広かったり、オートメニューはチルドのピザや焼き芋の温めまでメニューに入っていたりと、料理が好きな方も簡単なメニューが中心の方も使い道がたくさんあるのでコスパも抜群です。

購入者の口コミでも「食パンが4枚1度に焼けてムラがない」「油を使わずヘルシーな料理が作れる」と評判で、YAHOO!ショッピングの口コミではどちらの製品も総合評価4以上を獲得しています。

中に入っている焼き網やパンくずをキャッチするトレイは丸洗いできるので、お手入れも楽でいつまでもキレイに使うことができます。

新型!ブラックカラーあり!日立コンベクションオーブンHMO-F200はこちら

旧型!レッドカラーあり!少し安い日立コンベクションオーブンHMO-F100はこちら

日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の違いを比較!どっちがおすすめ?まとめ

日立コンベクションオーブンHMO-F200とF100の違いやおすすめの方をご紹介しました。

F200の方が3年ほどあとに発売されたので値段やレシピBOOKの内容、本体カラーのラインナップの変更はありましたが、性能的には違いはなく、カラーや最新モデルにこだわるかどうかで選ぶと良さそうです。

黒のオーブンが欲しい方はF200を、赤のオーブンでキッチンにワンポイントくわえたい方にはF100がおすすめです。

値段はF100はお安いものだと1万円を切るくらい、F200は1万3千円くらいなので予算を抑えたい方にはF100の方が同じ機能でもお得に購入できます。

どちらもコンベクションオーブンなので肉料理やパンなどもムラなく焼けますし、唐揚げなどの揚げ物料理も庫内でカラッと仕上がるので後片付けが格段に楽になります。

コスパ抜群のオーブンで新しいレシピやヘルシーなメニューに挑戦すれば、普段の料理ももっと楽しくなりそうですね♪

また、日立コンベクションオーブンHMO-F300とF200の違いはこちらにまとめていますので、合わせてご覧ください↓

今だけ!楽天ポイント10倍!

2

2月29日23:59までの期間限定!

新型!ブラックカラーあり!日立コンベクションオーブンHMO-F200はこちら

旧型!レッドカラーあり!少し安い日立コンベクションオーブンHMO-F100はこちら