フォトケアとフォトシャインの違いを比較!どっちがおすすめ?

フォトケアとフォトシャインの違いを比較!どっちがおすすめ?

フォトケアとフォトシャイン違いを比較しました。

フォトケアとフォトシャインの違いは4つあります。

  1.  モード数の違い
  2.  ロングモードの時間数の違い
  3.  付属品の違い
  4.  本体価格の違い
フォトケアとフォトシャインの違いを比較!どっちがおすすめ?

これらの違いを踏まえた上でおすすめの方は下記の通りです。

フォトケアがおすすめの方

  • アイケアモードが欲しい方
  • ロングモードの時間が長いほうがよい方
  • 最新モデルのスチーマーが欲しい方

フォトシャインがおすすめの方

  • アイケアが出来なくてもよい方
  • ロングモードをあまり使わない方
  • 計量カップが欲しい方

ヤーマンのフォトケアとフォトシャインの大きな違いはアイケアモードがあるかないかです。

フォトケアにはアイケアモードがあり、約2分間温スチームを浴びることで、目元をケアすることが可能です。

フォトケアは7モード、フォトシャインは6モードが搭載されています。

ロングモードはフォトケアが8時間に対して、フォトシャインが7時間です。

標準の付属品として、給水タンク·ミストタンク·風よけフラップがついています。

フォトシャインはさらに軽量カップが標準でついています。

本体価格はフォトケアが33,000円(税込)に対して、フォトシャインが35,800円(税込)です。

本文では、その他フォトケアとフォトシャインの違いを詳しく書いているのでぜひ読んでみてくださいね♪

今だけ!楽天ポイント10倍!

3月2日09:59までの期間限定!

▼アイケアモード付き!価格が少し安いフォトケアはこちら

▼軽量カップ付き!フォトシャインはこちら

フォトケアとフォトシャインの違いを比較!

フォトケアとフォトシャインの違いを比較!どっちがおすすめ?

フォトケアとフォトシャインの違いは4つあります。

  1.  モード数の違い
  2.  ロングモードの時間数の違い
  3.  付属品の違い
  4.  本体価格の違い

一つずつご紹介しますね♪

違い1 モード数の違い

フォトケアとフォトシャインではモード数に違いがあります。

共通するモードとして「スチーム」「クリーン」「モイスト」「シルクスキン」「トーンアップ」「ロング」の6つが搭載されています。

フォトケアでは「アイケア」モードが新たに搭載されました。

「アイケア」モードは約2分間温スチームを浴びることで、目元をケアすることが可能です。

目元のケアにもこだわりたい方はフォトケアの方がオススメです♪

▼アイケアモード付き!価格が少し安いフォトケアはこちら

▼軽量カップ付き!フォトシャインはこちら

違い2 ロングモードの時間数の違い

フォトケアとフォトシャインではロングモードの時間数に違いがあります。

ロングモードは長時間肌のケアをしたいときに使える機能です。

フォトシャインではロングモードは7時間の設定になっています。

一方でフォトケアではロングモードは8時間に設定され、1時間長くなりました。

より長い時間でロングモードを使用されたい方はフォトケアの方がオススメです♪

▼アイケアモード付き!価格が少し安いフォトケアはこちら

▼軽量カップ付き!フォトシャインはこちら

違い3 付属品の違い

フォトケアとフォトシャインでは付属品に違いがあります。

共通する付属品として「給水タンク」「ミストタンク」「風よけフラップ」がついています。

フォトシャインにはさらに「軽量カップ」が付属されています。

「計量カップ」はミストタンクに水や化粧水を入れる際に使用するものです。

ミストタンクキャップは小さめなので、軽量カップに適量を量って入れられるのが大変便利だと思います。

フォトケアには軽量カップは付属されていないので、付属品を一気に揃えたい方はフォトシャインの方がオススメです♪

▼アイケアモード付き!価格が少し安いフォトケアはこちら

▼軽量カップ付き!フォトシャインはこちら

違い4 本体価格の違い

フォトケアとフォトシャインでは本体価格が異なります。

フォトケアはショッピングサイトの最安値で33,000円(税込)となっています。

一方で、フォトシャインはショッピングサイトの最安値で35,800円(税込)です。

フォトケアの方が新しいモデルですが、価格が安くなっています。

フォトシャインは公式サイトのラインナップで出てこないので、廃盤になっていることが考えられます。

在庫数が少なくなっていることで、価格が高くなっているのかもしれません。

先述の計量カップがどうしても欲しいということでなければ、フォトケアの方が最新モデルを安く手に入れられるのでオススメです♪

▼アイケアモード付き!価格が少し安いフォトケアはこちら

▼軽量カップ付き!フォトシャインはこちら

フォトケアとフォトシャインはどっちがおすすめ?

フォトケアとフォトシャインの違いを比較!どっちがおすすめ?

フォトケアがおすすめの方

  •  アイケアモードが欲しい方
  •  ロングモードの時間が長いほうがよい方
  •  最新モデルのスチーマーが欲しい方

▼アイケアモード付き!価格が少し安いフォトケアはこちら

フォトシャインがおすすめの方

  •  アイケアが出来なくてもよい方
  •  ロングモードをあまり使わない方
  •  計量カップが欲しい方

▼軽量カップ付き!フォトシャインはこちら

これまでの違いを表にまとめてみました。

フォトケアフォトシャイン

モード数の違い7モード6モード
ロングモードの時間数の違い8時間7時間
付属品の違い給水タンク ミストタンク
風よけフラップ
給水タンク ミストタンク
風よけフラップ
計量カップ
本体価格の違い33,000円(税込)35,800円(税込)

フォトケアとフォトシャインの共通する特徴

フォトケアとフォトシャインの共通する特徴について紹介します。

フォトケアとフォトシャインでは3つの「浴びる」で素肌力をアップさせてくれます。

1つ目の「W温スチーム」はナノサイズのWスチームを浴びることで、顔全体を包み込み肌の土台作りに最適な肌温度約40度まで引き上げてくれます。

2つ目は、持っている化粧水をナノサイズの細かいミストに変えてたっぷり浴びられる「化粧水ミスト」を搭載しています。

「化粧水ミスト」は手で化粧水を塗る約3倍肌にうるおいをもたせてくれます。

3つ目はエステのようなフォトケアができる輝度の高い赤·黄·橙·青·緑の「5色LED」を搭載しています。

温と冷のモードにより色が変わり、LEDのみを浴びることも可能です。

さらに、先述しましたがフォトケアとフォトシャインには共通する6つのモードがあります。

「スチーム」モードでは約12分温スチームで肌をやわらげ、リラックスすることが可能です。

「クリーン」モードでは約3分で温スチームを浴び、メイク落とし前に使用できます。

「モイスト」モードでは洗顔後約1分冷ミストで乾燥を防げます。

「シルクスキン」モードでは約8分温スチームと冷ミストを交互に浴び、じっくりと肌ケアができます。

「トーンアップ」モードではメイク前の仕様が効果的で、約4分温スチームと冷ミストを交互に浴びます。

「ロング」モードでは就寝時や家に長くいるときなどに、長時間温スチームを浴びることが可能です。

6つのモードでライフスタイルに合わせて、気軽に肌ケアをすることができます。

▼アイケアモード付き!価格が少し安いフォトケアはこちら

▼軽量カップ付き!フォトシャインはこちら

フォトケアとフォトシャインの違いを比較!どっちがおすすめ?まとめ

今回はフォトケアとフォトシャインの違いや共通する特徴について紹介しました。

フォトケアはアイケアモードが追加され、ロングモードの時間も1時間増え8時間になりました。

目元ケアをしたい方やロングモードの時間が長いほうがよい方にオススメです。

一方で、フォトシャインは軽量カップが付属されていてスチーマー初心者の方にも使いやすいモデルです。

あなたのライフスタイルや予算に合わせて選んでみてくださいね♪

▼アイケアモード付き!価格が少し安いフォトケアはこちら

▼軽量カップ付き!フォトシャインはこちら